ロゴ文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
My保存HOME > 支援情報・機関を知る > 支援情報ヘッドライン > 調査・報告書・お知らせ
調査・報告書・お知らせ調査・報告書・お知らせ 情報
印刷用画面前のページに戻る

 

■分野:研究・技術・産学連携

 

■地域:全国 

 

■実施機関:情報通信研究機構(NICT)、早稲田大学

 

世界初、多数の光信号を同時に電気信号に変換する高速集積型受光素子を開発

 

大容量光通信装置の大幅な小型化と低消費電力化を可能に

 

(実施機関からのお知らせ)

 

NICTネットワークシステム研究所は、早稲田大学理工学術院川西哲也教授と共同で、多数の光信号を同時に受信し、高速に電気信号に変換する高速集積型受光素子を開発しました。この素子は、約0.1mm2に32個の受光部を集積しており、光通信において多チャネルの光信号を一括受信し、チャネル別に10GHz以上の高速電気信号に変換します。

 

掲載日2017/09/14

 

 

詳細を見る  この情報を保存する

 

「施策ザクザク 支援情報ヘッドライン」は、国や都道府県等の中小企業向け支援施策を集めた検索システムです。

中小企業ビジネス支援サイト「J-Net21」のコンテンツとして、中小企業基盤整備機構が運営しています。