ロゴ文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
My保存HOME > 支援情報・機関を知る > 支援情報ヘッドライン > 調査・報告書・お知らせ
調査・報告書・お知らせ調査・報告書・お知らせ 情報
印刷用画面前のページに戻る

 

■分野:研究・技術・産学連携

 

■地域:全国 

 

■実施機関:産業技術総合研究所

 

低温・低圧で、プラスチック基材上にセラミック膜をコーティング

 

プラスチック基材へのエアロゾルデポジション(AD)が可能に

 

(実施機関からのお知らせ)

 

産業技術総合研究所先進コーティング技術研究センター野田浩章招へい研究員、津田弘樹招へい研究員(実用化支援チーム)、明渡純微粒子スプレーコーティング研究チーム長(兼務)は、荒川化学工業株式会社と共同で、有機無機ハイブリッド膜を中間層に用いて、産総研独自の常温製膜技術であるエアロゾルデポジション法(AD法)により、プラスチック基材に高品質のセラミック膜を高効率でコーティングできる技術を開発しました。

 

掲載日2017/06/19

 

 

詳細を見る  この情報を保存する

 

「施策ザクザク 支援情報ヘッドライン」は、国や都道府県等の中小企業向け支援施策を集めた検索システムです。

中小企業ビジネス支援サイト「J-Net21」のコンテンツとして、中小企業基盤整備機構が運営しています。