ロゴ文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
My保存HOME > 支援情報・機関を知る > 支援情報ヘッドライン > 調査・報告書・お知らせ
調査・報告書・お知らせ調査・報告書・お知らせ 情報
印刷用画面前のページに戻る

 

■分野:お知らせ・告知・その他

 

■地域:全国 

 

■実施機関:科学技術振興機構(JST)、東京農工大学、首都大学東京

 

悪性脳腫瘍や遺伝性貧血の発症メカニズムを解明

 

東京農工大学の泉川桂一助教と高橋信弘教授、首都大学東京の礒辺俊明特任教授らのグループは、RNA代謝異常症にかかわるCHTOPとRNAの結合で生じる複合体を最新の質量分析法で解析し、CHTOPが自分自身のメッセンジャーRNA(mRNA)の前駆体に結合し、自らのmRNAを分解に導くことで、細胞内濃度を自律的に調節していることを明らかにしました。

 

掲載日2016/09/29

 

 

詳細を見る  この情報を保存する