ロゴ文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
My保存HOME > 支援情報・機関を知る > 支援情報ヘッドライン > 調査・報告書・お知らせ
調査・報告書・お知らせ調査・報告書・お知らせ 情報
印刷用画面前のページに戻る

 

■分野:調査・報告書

 

■地域:全国 

 

■実施機関:日本政策金融公庫

 

食の志向 「健康志向」が12半期連続で最多回答 ~輸入食品と比べて「割高でも国産を選ぶ」割合が6割を超える~<平成28年度上半期消費者動向調査>(PDFファイル)

 

「平成28年度上半期消費者動向調査」の結果、現在の食の志向は、「健康志向」が実に12半期連続での最多回答となり、食を通じての健康志向の強さが浮き彫りとなりました。また、輸入食品と比べて、どの価格レベルまでならば国産食品を選ぶかという価格許容度を聞いた調査では、消費者は「割高でも国産を選ぶ」割合が6割を超え、輸入食品よりも割高ではあっても、安全・おいしさなどから国産食品を優先選択する意識・意向の高さがうかがえる結果となりました。

 

掲載日2016/09/05

 

 

詳細を見る  この情報を保存する