ロゴ文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
My保存HOME > 支援情報・機関を知る > 支援情報ヘッドライン > 調査・報告書・お知らせ
調査・報告書・お知らせ調査・報告書・お知らせ 情報
印刷用画面前のページに戻る

 

■分野:お知らせ・告知・その他

 

■地域:全国 

 

■実施機関:金沢大学、北海道大学、九州大学、科学技術振興機構(JST)

 

脳の形成において生じる分化の波 数理モデルを使って遺伝子ネットワークに隠された新しいメカニズムを発見

 

金沢大学新学術創成研究機構の佐藤純教授、北海道大学電子科学研究所の長山雅晴教授、九州大学大学院医学研究院の三浦岳教授らの共同研究グループは、脳の形成過程において長距離性の情報伝達因子であるEGFと短距離性の情報伝達因子Notchの協調作用に注目し、数理モデリングを活用したコンピューターシミュレーションの結果を実験的に検証することによって、Notchの働きがEGF存在下では大きく変化することを見出しました。

 

掲載日2016/08/17

 

 

詳細を見る  この情報を保存する