ロゴ文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
My保存HOME > 支援情報・機関を知る > 支援情報ヘッドライン > 調査・報告書・お知らせ
調査・報告書・お知らせ調査・報告書・お知らせ 情報
印刷用画面前のページに戻る

 

■分野:お知らせ・告知・その他

 

■地域:全国 

 

■実施機関:京都大学、福岡大学、科学技術振興機構(JST)

 

新規向精神薬の効率的な探索法を開発

 

京都大学大学院工学研究科の浜地格教授らは、γ-アミノ酪酸(GABA)を識別し情報を伝達するタンパク質GABAA受容体を蛍光センサーに改変し、特定の受容体に作用する薬剤を探索する新たな手法を開発しました。

 

掲載日2016/08/16

 

 

詳細を見る  この情報を保存する