メニューページへ
はじめに
調査の目的
事業概要
研究開発調査事業委員会委員名簿
調査実施スケジュール
データベース
研究テーマの分類
大学編
引用文献
大学編・研究テーマ別索引
大学編・研究者名50音順索引
大学別50音順索引
大学編・検索(PDFファイル)
公設研究機関・試験場編
公設研究機関一覧
公設研究機関別索引
公設研究機関・研究テーマ別索引
公設研究機関編・検索(PDFファイル)
公設試験場一覧
公設試験場別索引
公設試験場編・研究テーマ別索引
公設試験場編・検索(PDFファイル)
検索の手順

大学編

NO.226
3.2 工業的応用 3.2.1 一般工業用
研究者名 座古 勝
所属 大阪大学 大学院工学研究科 ビジネスエンジニアリング専攻 教授
研究テーマ 複合材料の評価システム構築
概要 (文献10)

異分野融合をキーワードに,これからの社会において求められるモノのコンセプトをデザインする能力や,モノを造るための技術を生み出し,実際にそのモノづくりを実行できる能力,そして新しい技術のビジネス展開,及びその経営を担う能力の育成を目指している。研究の主体として,構造物の応力解析や変形挙動のコンピュータシミュレーションならびにその寿命や安全性などの評価システムの構築を行っている。特に,先端複合材料の高機能化や知能化を目指した材料・構造設計ならびに信頼性評価のための手法論と,シミュレーションプログラム構築および実験の新技術開発を行っている。主な設備として,ワークステーション,走査型電子顕微鏡,油圧式疲労試験機,軽装引張試験機,CCDなどがある。


主要研究テーマ

1.複合材料の設計および挙動解析

損傷力学に基づく複合材料の破壊シミュレーション法の開発

複合材料の力学的特性(振動・損傷・疲労・融着接合)評価

ミクロ−マクロ連成マルチスケール解析

複合材料の成形解析

複雑構造の最適設計評価システム


2.構造物のインテリジェント化に関する研究

自己修復型複合材料の開発

コンクリート補強CFRPのはく離自己修復システム

複合材料の非破壊検査に関する研究



共同研究希望テーマ

複合材料の構造設計システムの開発


キーワード 損傷力学、複合材料の力学、知的材料