メニューページへ
はじめに
調査の目的
事業概要
研究開発調査事業委員会委員名簿
調査実施スケジュール
データベース
研究テーマの分類
大学編
引用文献
大学編・研究テーマ別索引
大学編・研究者名50音順索引
大学別50音順索引
大学編・検索(PDFファイル)
公設研究機関・試験場編
公設研究機関一覧
公設研究機関別索引
公設研究機関・研究テーマ別索引
公設研究機関編・検索(PDFファイル)
公設試験場一覧
公設試験場別索引
公設試験場編・研究テーマ別索引
公設試験場編・検索(PDFファイル)
検索の手順

大学編

NO.209
2.6 消費科学
研究者名 山崎 徹
所属 神奈川大学 工学部 機械工学専攻 助教授
研究テーマ カーペットによるフロア振動の低減効果を考慮したFEモデルの構築
概要(文献10)

1.カーペットによるフロア振動の低減効果を考慮したFEモデルの構築

小野高志 (神奈川大 大学院), 山崎徹, 黒田勝彦 (神奈川大 工), 鎌田実 (東大 工), 見坐地一人, 多田寛子 (本田技研)  日本機械学会機械力学・計測制御部門講演会論文集(CD-ROM) 2004.09.26

フロアカーペットによるフロア振動の低減効果を考慮したFEモデルを構築するために,まず,カーペットがパネル振動に及ぼす影響について,矩形な平板を用いて実験的に検討した。その結果,カーペットがパネルに及ぼす振動への影響は,パネルに垂直な制振効果が主であり,粘性減衰に近い特性を有していると考えられた。この知見をもとに,カーペットをばね-マス-ダンパでモデル化した。そして,提案したFEモデルにおいて,カーペットを設置したことによる構造物の振動変化と振動伝達の変化を予測することが可能であることを示した。


キーワード 機械振動音響学