メニューページへ
はじめに
調査の目的
事業概要
研究開発調査事業委員会委員名簿
調査実施スケジュール
データベース
研究テーマの分類
大学編
引用文献
大学編・研究テーマ別索引
大学編・研究者名50音順索引
大学別50音順索引
大学編・検索(PDFファイル)
公設研究機関・試験場編
公設研究機関一覧
公設研究機関別索引
公設研究機関・研究テーマ別索引
公設研究機関編・検索(PDFファイル)
公設試験場一覧
公設試験場別索引
公設試験場編・研究テーマ別索引
公設試験場編・検索(PDFファイル)
検索の手順

大学編

NO.206
2.6 生活科学
研究者名 駒城 素子
所属 お茶の水女子大学 生活科学部 人間・環境科学科 教授
研究テーマ 洗浄の研究、天然色素による染色、セルロース繊維の酵素による処理
概要(文献10)

1.ドライクリーニング溶媒の研究

ドライクリーニング適用製品の洗濯は,溶媒(塩素系有機溶媒)の環境問題による規制,水溶性汚れ除去の不十分という2点で大きな問題を抱えている。
@ 超臨界および亜臨界二酸化炭素による洗浄
A アルコール・水混合溶液による洗浄


2.  洗浄における機械作用

布の変形と衝撃力を与えることによって,汚れの除去に有効な「もむ,こする,たたく」などの機械作用がどのように関係するかについて研究
@ 洗浄における衝撃圧縮力の解明


3.  油脂の洗浄

洗剤に配合する補助剤(ビルダ−)や粘土鉱物の洗浄性について
@ ポリ(α-ヒドロキシアクリル酸ナトリウム)の洗浄性、油脂との相互作用,生分解性
A 粘土鉱物の油脂との相互作用


4.  天然色素による染色

環境負荷を抑えた染色として伝統的な天然色素および身近な植物を染料として利用する。
@ ラックおよびコチニール色素の染色性
A ビワ葉抽出色素の染色性


5. セルロース繊維の酵素処理

繊維製品の風合い改質などの加工における酵素の利用は,環境問題的視点からも重要である。
@ インジゴデニムの酵素処理と裏面(白糸)汚染の関係とその防止


6.その他

粘土鉱物の広範囲な利用について
@粘土鉱物による染色廃水処理



キーワード 被服整理学(被服科学)、染色化学(有機工業材料)、繊維科学(高分子・繊維材料),洗浄科学