メニューページへ
はじめに
調査の目的
事業概要
研究開発調査事業委員会委員名簿
調査実施スケジュール
データベース
研究テーマの分類
大学編
引用文献
大学編・研究テーマ別索引
大学編・研究者名50音順索引
大学別50音順索引
大学編・検索(PDFファイル)
公設研究機関・試験場編
公設研究機関一覧
公設研究機関別索引
公設研究機関・研究テーマ別索引
公設研究機関編・検索(PDFファイル)
公設試験場一覧
公設試験場別索引
公設試験場編・研究テーマ別索引
公設試験場編・検索(PDFファイル)
検索の手順

大学編

NO.197
2.6 消費科学
研究者名 三浦 幹彦
所属 信州大学 繊維学部 繊維システム工学科 創成システム工学 教授
研究テーマ 3Dビジョンを利用した繊維生産技術に関する研究
概要(文献3)

1.3Dビジョンを利用した繊維生産技術に関する研究

日本の伝統的繊維製造過程は解体が進んでおり,特に蚕糸技術に関しては技術者の高齢化と後継者不足が深刻である,しかし伝統技術の中には新しい製造技術を生み出す要素が多く含まれており,これらの技術情報を保存して行くことが必要とされている。本研究では,繊維製造工程における人間と器械の動作および繊維製品の形成過程を,デジタル技術・計測技術を用いてデータ採取し解析することにより技術の特性を明らかにすると共に後継者等が技術を学習する際に役立てられるシステムを構築することを目標としている。重要無形文化財「結城紬の機織り過程,および糸つむぎの過程を対象にデータ採取および解析を行った,糸つむぎ工程は、真綿から糸となる最初の部分を親指と人差し指で押さえて手前に引き出す「糸引き」と、引き出した真綿に唾液をつけて人差し指と親指で数回よじる「撚りおろし」の動作から構成される.熟練者と初心者の動作特性の差異を明らかにするため,モーションキャプチャシステムとサイバーグローブを用いて身体各部の位置情報を経時的に取得し解析を行った。


2.蚕の営繭行動の統計的解析とその応用

3.三次元グラフィックスを利用した行動解析

4.生物の形の統計的解析

5.球面上データの統計的解析法

6.ベイズ流信頼性解析

7.シルクサイエンス・データベースの開発

8.蚕糸伝統技術のデジタル化と継承システム

9.繊維製品消費者行動解析


キーワード 応用統計学, 蚕糸学