メニューページへ
はじめに
調査の目的
事業概要
研究開発調査事業委員会委員名簿
調査実施スケジュール
データベース
研究テーマの分類
大学編
引用文献
大学編・研究テーマ別索引
大学編・研究者名50音順索引
大学別50音順索引
大学編・検索(PDFファイル)
公設研究機関・試験場編
公設研究機関一覧
公設研究機関別索引
公設研究機関・研究テーマ別索引
公設研究機関編・検索(PDFファイル)
公設試験場一覧
公設試験場別索引
公設試験場編・研究テーマ別索引
公設試験場編・検索(PDFファイル)
検索の手順

大学編

NO.191
2.5 感性工学
研究者名 高寺 政幸
所属 信州大学 繊維学部 感性工学科 感性創造工学 助教授
研究テーマ 個人対応衣服の提案と設計システムに関する研究
繊維素材設計・評価に関する研究
概要(文献3)

1. 個人対応衣服の提案と設計システムに関する研究

衣服の理想的な製造形態であるオーダーメードをリーゾナブルなコストで実現するためには、CADを利用した対話的なアパレルパタンメーキングを確立することが求められる。その実現のために3次元パタンの考えを取り入れた衣服設計法を開発した。


(1) 着衣状態で立体形状を取り込む衣服設計システム

個人対応のパタンデザインに必要な正確な情報を求めるために、対象の計測データを用いて対話的に立体を扱うことのできるパタンメーキングシステムの開発を試みた。3次元計測データを断面で輪切りになったデータ形式へと変換し、スケーリングを行うための10個の制御点を持つ人体モデルを作成した。衣服のモデルはボディモデルの形状にフィットするように対話的に変形可能である。3次元形状からパタンのサイズ適合情報が生成されるので、個々のボディ形状への衣服パタン適合のシミュレーションが可能となる。


(2) 姿勢特徴を制御可能な仮想人体モデル

個人対応の衣服設計のためには,個人の体の三次元形状が必要となる。少数の採寸寸法から個人の体形状を再現する仮想人体モデルの開発を行った。本モデルは,採寸部以外の各部の寸法を推定・補間し,再現度の高い人体形状を生成することができる。さらに側面写真などの姿勢特徴情報があれば,猫背や,平背などの姿勢特徴も表現することができる。


(3) 個人対応立体裁断システム

個人対応タイトフィット衣服の作成のための立体裁断システムを開発した。三次元計測あるいは仮想人体モデルにより個人の体形を得る.三次元形状を衣服形状に変換する.変換された形状に布目線を定め,せん断変形を考慮して織物でカバーする。これは立体裁断時のドレーピングに相当する。カバーされた織物を裁断線を定め,裁断・平面展開すると型紙が得られる。これらの操作をコンピュータ上で実現するシステムを構築した。本システムを用いて個人対応のタイトフィットスカートが実際に製作されている。


人体モデル/着装シュミレーション 着装特性シュミレータ 商品採寸システム
人体モデル 着装シュミレーション 着装特性シュミレータ 商品採寸システム


2. 感性製品設計のための繊維・織編布の物理特性評価システムの開発

触感を重視する感性製品,被服材料の評価を行うために、これまで計測することができなかった特性、あるいは従来より効率的な計測を行うことが可能な特性について、以下の試験機を開発した。


(1) 布用多軸引張試験機

引張り特性に関しては典型的な異方性材料である織物の引張り異方性を計測するために環状多軸試験器の開発を行った。従来の引張り試験では経糸、緯糸、バイアスの各方向とせん断試験が必要であったが、開発した誹験器では織物の多方向の引張りを同時に計測できる。本試験機により,布の引張異方性の測定が一度の実験で行える。


(2) 糸および繊維用横圧縮試験機

糸や単繊維の径方向の圧縮特性は布の手触りに影響を及ぼすが、ピエゾスタックと顕微鏡を用いた径方向の圧縮試験器を開発した。タオルの触感予測などに応用した。


(3) 単繊維曲げ特性試験機

単繊維の曲げ特性を計測する方法として、遠心力を利用し左単繊維および糸のための新たな曲げ剛性試験器を開発した。


(4) トレリスせん断試験機

小さな張力下での初期のせん断特性値を計測するため、小さな張力下で均一なせん断変形を織物に与えるトレリスせん断試験器を開発した。薄地織物やFRP用基布などの低せん断剛性布の評価に特に有効である。


(5) 布用光透過異方性測定装置

織物やニットの各種の入射方向に対する光の透過量を自動計測する装置を開発した。本装置によりジョーゼットやパンティストッキングの透け感評価が可能になった。


(6) ローラークランプ式一軸伸長装置

一般の試験機ではチャック部の拘束のため,均一な一軸引張試験はできない.そこで織物やニット用のローラークランプ式一軸伸長装置を開発した。布類のボアソン比測定に有効である。


(7) 布のはりつけ力試験機

湿潤状態における布と物体とのはりつき力を測定する装置を作製した。ローラに湿潤状態の試料を乗せ,ローラを回転させたときに生じる接線方向への引張荷重を測定する。このときの最大値をはりつき力と定義し,測定を行った。本研究で作製した装置を用いたはりつき力測定と官能検査の結果から,触感覚ははりつき力と高い相関があり,はりつき力が約2gf/p2以下のときは,「はりつき感」・「まとわりつき感」・「べたつき感」を感じないという結果になった。



キーワード 感性工学、繊維工学