メニューページへ
はじめに
調査の目的
事業概要
研究開発調査事業委員会委員名簿
調査実施スケジュール
データベース
研究テーマの分類
大学編
引用文献
大学編・研究テーマ別索引
大学編・研究者名50音順索引
大学別50音順索引
大学編・検索(PDFファイル)
公設研究機関・試験場編
公設研究機関一覧
公設研究機関別索引
公設研究機関・研究テーマ別索引
公設研究機関編・検索(PDFファイル)
公設試験場一覧
公設試験場別索引
公設試験場編・研究テーマ別索引
公設試験場編・検索(PDFファイル)
検索の手順

大学編

NO.186
2.3 機能加工 2.3.3 加工剤
研究者名 三浦 潤一郎
所属 福井大学 工学部 生物応用化学科 助教授
研究テーマ 界面活性剤の機能およびその制御法
概要(文献5)

界面活性剤の機能およびその制御法

(1)模式図は物質を界面活性剤ミセルに溶解させた様子を示す。可溶化をミセルー水間の分配として解析した。可溶化と界面活性剤の構造との相関を明らかにした。

(2)界面活性剤溶液中で固体の表面処理を行った模式図である。固体は疎水性物質、繊維、樹脂等である。界面活性剤に溶解してある物質は染料などの固体と相互作用する物質である。注目する相互作用を制御するための界面活性剤の選定法を提案する。


界面活性剤の機能およびその制御法


キーワード 界面活性剤、可溶化法、分離法、定量法、金属イオン、