メニューページへ
はじめに
調査の目的
事業概要
研究開発調査事業委員会委員名簿
調査実施スケジュール
データベース
研究テーマの分類
大学編
引用文献
大学編・研究テーマ別索引
大学編・研究者名50音順索引
大学別50音順索引
大学編・検索(PDFファイル)
公設研究機関・試験場編
公設研究機関一覧
公設研究機関別索引
公設研究機関・研究テーマ別索引
公設研究機関編・検索(PDFファイル)
公設試験場一覧
公設試験場別索引
公設試験場編・研究テーマ別索引
公設試験場編・検索(PDFファイル)
検索の手順

大学編

NO.178
2.3 機能加工 2.3.2 その他の加工
研究者名 池田 功夫
所属 福井大学 工学部 工学研究科 生物応用科学科 教授
研究テーマ ポリエステル繊維の機能化
概要(文献5)

ポリエステル繊維の機能化

北陸地区の地場産業である合繊織物の加工、特にポリエステル織物の加工は以前から産業界からの要望が高い課題の一つである。本研究は化学的な方法でポリエステルの機能化を行うもので、これまでに以下のような課題について取り組んできた。

  1. (1)アクリル酸のグラフト重合による親水化
  2. (2)りん原子を含むモノマー(図)のグラフト重合による抗菌性の付与
  3. (3)ポリピロールの付着による導電化

今後も種々の反応を利用し、ポリエステルの機能化を検討する。


キーワード PET繊維、グラフト重合、機能化、温度応答性