メニューページへ
はじめに
調査の目的
事業概要
研究開発調査事業委員会委員名簿
調査実施スケジュール
データベース
研究テーマの分類
大学編
引用文献
大学編・研究テーマ別索引
大学編・研究者名50音順索引
大学別50音順索引
大学編・検索(PDFファイル)
公設研究機関・試験場編
公設研究機関一覧
公設研究機関別索引
公設研究機関・研究テーマ別索引
公設研究機関編・検索(PDFファイル)
公設試験場一覧
公設試験場別索引
公設試験場編・研究テーマ別索引
公設試験場編・検索(PDFファイル)
検索の手順

大学編

NO.163
1.4 繊維・糸物性・評価
研究者名 山口 新司
所属 福井大学 大学院 工学研究科 材料開発工学科 教授
研究テーマ 先端繊維材料の繊維圧縮性能
概要(文献5)

先端繊維材料の繊維圧縮性能

繊維は高性能化・高機能化にする液晶紡糸やゲル紡糸、複合紡糸など紡糸技術の革新が進んでいる。研究室では金属材料を凌ぐスーパー繊維や絹の千分の一と細いナノファイバー、あるいは熱や水や光に応答する高機能繊維を扱っている。これら先端繊維材料の集合体が各種環境の人体に適する高機能な衣服や、進歩が著しい電気部材や自動車部材、印刷部材に応用するための先端繊維材料の集合体構造と性能の関係やそのメカニズムを解き明かし、ニューテクニカルテキスタイルの開発を支援する。



1.繊維圧縮性能(マイクロメジャメント):

液晶紡糸繊維は引張り弾性率や強度が高い特長と別に圧縮性能の不足が懸念されている。繊維構造が単一成分から複合構造に変わると繊維の圧縮挙動、圧縮降伏点やサイクル降伏点がどのように変化するかなどのマイクロメジャメントによる繊維物性研究を行っている。


2.液晶紡糸繊維のワイヤー法圧縮特性:

たて糸・よこ糸の交差点に発生する交差圧力と圧縮変位量を高精度に測定して糸直交圧縮特性を解析し、織物の変形予測計算を行っている。



キーワード 高強度繊維、圧縮挙動、織物、微少変形、非線形