メニューページへ
はじめに
調査の目的
事業概要
研究開発調査事業委員会委員名簿
調査実施スケジュール
データベース
研究テーマの分類
大学編
引用文献
大学編・研究テーマ別索引
大学編・研究者名50音順索引
大学別50音順索引
大学編・検索(PDFファイル)
公設研究機関・試験場編
公設研究機関一覧
公設研究機関別索引
公設研究機関・研究テーマ別索引
公設研究機関編・検索(PDFファイル)
公設試験場一覧
公設試験場別索引
公設試験場編・研究テーマ別索引
公設試験場編・検索(PDFファイル)
検索の手順

大学編

NO.158
1.2 繊維製造 1.2.5 紡績
研究者名 河村 隆
所属 信州大学 繊維学部 機能機械学科 繊維機械力学 助教授
研究テーマ スピンドル式手紡ぎの制御構造と技能の取得
概要(文献4)

1.スピンドル式手紡ぎの制御構造と技能の取得

繊維のリサイクルが叫ばれて久しいが,廃布より反毛して得られた繊維から糸を紡績する事が望まれている.さらに,特殊な原料より特殊機能糸を少量生産する要求がある.これらの原料は紡績性が悪く,一般の紡績機では不可能である.しかし,これらの要求に対応可能な紡績の1つにスピンドル(紡ぎ車)式手紡ぎがある.これらは紡績性の悪い原料に対しても多品種少量生産あるいは任意の混紡が可能である.同時に生産性が低い,熟練を要する点が挙げられる。本研究ではスピンドル式手紡ぎに焦点を絞り,手紡ぎ方法における技能の取得を中心として計測を.行い,近い将来これの自動化を行う事を目的とする。

これまでスピンドル式の通常運転時,すなわち一様にドラフトと撚りかけを行っているときのデータ取得は試みられてきたが,出来上がる糸が急に細くなるあるいは太くなる場合については取得データが得られていない。そこで通常運転時から糸が急に細くなる場合に焦点を絞り,このような時にはオペレータがどのような操作を行うのかを中心にデータ取得を行った。


2.知的制御

3.猫ひねりロボット

4.スポーツロボット

5.人のスキルを学習するロボット

6.人工知能

7.繊維強化ゴム人工筋アクチュエータ

8.細線の振動計測と巻取制御

9.空気圧アクチュエータを用いたリハビリテーション機器の開発

10.ページターナー,人体の動作・状態計測

11.搾乳ロボット

12.手紡ぎロボット

13.ガラ紡のメカトロ化と高速・高精度化


キーワード ロボティクス・メカトロニクス, 知能機械学・機械システム, 機械力学・制御