メニューページへ
はじめに
調査の目的
事業概要
研究開発調査事業委員会委員名簿
調査実施スケジュール
データベース
研究テーマの分類
大学編
引用文献
大学編・研究テーマ別索引
大学編・研究者名50音順索引
大学別50音順索引
大学編・検索(PDFファイル)
公設研究機関・試験場編
公設研究機関一覧
公設研究機関別索引
公設研究機関・研究テーマ別索引
公設研究機関編・検索(PDFファイル)
公設試験場一覧
公設試験場別索引
公設試験場編・研究テーマ別索引
公設試験場編・検索(PDFファイル)
検索の手順

大学編

NO.147
1.2 繊維製造 1.2.3 オプトエレクトロニクスファイバー
研究者名 緒方 直哉
所属 千歳科学技術大学 名誉教授
研究テーマ 海洋生物由来DNAから高性能光ファイバーに関する研究
概要(文献3)

海洋生物由来DNAから高性能光ファイバーに関する研究

低損失DNA光ファイバの作製
低損失DNA光ファイバの作製

研究目的

DNAは極めて巨大な分子量を有する高分子であり、二重らせん構造を有していて、この二重らせん構造の中に核酸塩基が層状に積み重なっている。また、その核酸塩基間には、光学特性を有する芳香族化合物をインターカレーションさせることができ、アクティブ材料の分子同士が、一定の分子間距離を保つことによって発光強度が増加する。DNAは自身の二重らせん構造内に光機能物質を選択的に相互作用させることにより光学的特性を向上できるがこれまで検討してきたDNA複合材料は固体状態で、その二重らせん構造を完全に維持できないため、十分な三次元的な高次構造を形成できてない。本研究報告では、二重らせん構造を維持したDNA高分子ゲルを合成するため低温プラズマ法を検討し、その新規な光機能性について検討した。

キーワード 繊維工学