メニューページへ
はじめに
調査の目的
事業概要
研究開発調査事業委員会委員名簿
調査実施スケジュール
データベース
研究テーマの分類
大学編
引用文献
大学編・研究テーマ別索引
大学編・研究者名50音順索引
大学別50音順索引
大学編・検索(PDFファイル)
公設研究機関・試験場編
公設研究機関一覧
公設研究機関別索引
公設研究機関・研究テーマ別索引
公設研究機関編・検索(PDFファイル)
公設試験場一覧
公設試験場別索引
公設試験場編・研究テーマ別索引
公設試験場編・検索(PDFファイル)
検索の手順

大学編

NO.145
1.2 繊維製造 1.2.3 オプトエレクトロニクスファイバー
研究者名 鈴木 栄二
所属 信州大学 繊維学部 精密素材工学科 教授
研究テーマ 漏光型光触媒ファーバーの開発
概要(文献3)

漏光型光触媒ファイバーバンドルの開発

漏光型光触媒ファイバーバンドルの開発 漏光型光触媒ファイバーバンドルの開発


研究目的

酸化チタンなどの光触媒は、汚染物質と接触する部位を直接光励起する必要があるため、光が透過しにくい濃厚溶液や懸濁溶液の浄化処理に適した光触媒は実用化されていない。漏光型光触媒ファイバーは光ファイバー内部を導光するので原理的に処理溶液の透明性を必要としないためこの問題を解決できる。しかし,水溶液中での光触媒層と光ファイバーの密着性不良のため、現状ではガス浄化システム以外の適用例はない。そこで,本研究では水溶液中の光照射にも安定な酸化チタン層をコートした光触媒ファイバーを作製し、この緻密酸化チタンコートファイバー約3000本をバンドル化した光触媒反応器を試作する。この反応器の漏光量と光触媒活性を評価し実用的な反応器設計の指針を提示する。

キーワード 光触媒、太陽電池、光機能材料・機能材料デバイス、燃料電池