メニューページへ
はじめに
調査の目的
事業概要
研究開発調査事業委員会委員名簿
調査実施スケジュール
データベース
研究テーマの分類
大学編
引用文献
大学編・研究テーマ別索引
大学編・研究者名50音順索引
大学別50音順索引
大学編・検索(PDFファイル)
公設研究機関・試験場編
公設研究機関一覧
公設研究機関別索引
公設研究機関・研究テーマ別索引
公設研究機関編・検索(PDFファイル)
公設試験場一覧
公設試験場別索引
公設試験場編・研究テーマ別索引
公設試験場編・検索(PDFファイル)
検索の手順

大学編

NO.135
 1.2 繊維製造 1.2.2 バイオファイバー
研究者名 池田 功夫
所属 福井大学 工学部 工学研究科 応用生物学科 教授
研究テーマ 酵素を利用した機能物質の創製
概要(文献3)

酵素を利用した機能物質の創製

酵素を利用した反応は、常温・常圧で行える、立体特異性的反応が行える、などの特徴があり、広く利用されてきた。最近では、水溶液に限らず、水/有機溶媒系や有機溶媒系での有用物質の合成が盛んに行われている。本研究では、高分子分野での酵素利用反応の一環として、以下の課題について検討している。

(1)化学法では合成経路が複雑なモノマーの合成を酵素の利用で効率よく行う。

(2)有機溶媒系での酵素の失活を抑えるため、高分子化合物による酵素の安定化を図る。

(3)環境的に問題のある高分子(例えばフェノール樹脂)を酵素触媒重合で合成する。


キーワード 酵素利用、光学活性ポリマー、フェノール誘導体、機能性高分子