メニューページへ
はじめに
調査の目的
事業概要
研究開発調査事業委員会委員名簿
調査実施スケジュール
データベース
研究テーマの分類
大学編
引用文献
大学編・研究テーマ別索引
大学編・研究者名50音順索引
大学別50音順索引
大学編・検索(PDFファイル)
公設研究機関・試験場編
公設研究機関一覧
公設研究機関別索引
公設研究機関・研究テーマ別索引
公設研究機関編・検索(PDFファイル)
公設試験場一覧
公設試験場別索引
公設試験場編・研究テーマ別索引
公設試験場編・検索(PDFファイル)
検索の手順

大学編

NO.127
1.2 繊維製造 1.2.1 ナノファイバー
研究者名 杉本 渉
所属 信州大学 繊維学部 精密素材工学科 材料プロセス工学 助手
研究テーマ 層状酸化物のナノ空間を利用する機能性材料
概要(文献3)

層状酸化物のナノ空間を利用する機能性材料

研究目的

酸化物ナノシートコロイドはその特異な性質により,通常のバルク固体では発現しない様々な機能性を有する。本研究では,プロトン・電子混合導電性を有する層状酸化物およびナノシートを合成し,無機一有機ナノ複合体を調製し,電気化学エネルギー蓄積材料,変換材料ならび電極触媒にとしての特性を検討する。

層状構造を有するカリウム型層状酸化ルテニウム,ナトリウム型層状酸化ルテニウムならびにこれらから誘導されるナノシートの電気化学スーパーキャパシタ特性,燃料電池触媒活性,塩素発生活性を検討した。これら材料はプロトンー電子混合導電性を有し,酸化物表面,層問がレドックス活性を有し,電気化学エネルギーデバイスあるいは工業電解用電極触媒として有望であることを見出した。


キーワード 無機材料化学, 電気化学, 無機合成化学, 表面化学