メニューページへ
はじめに
調査の目的
事業概要
研究開発調査事業委員会委員名簿
調査実施スケジュール
データベース
研究テーマの分類
大学編
引用文献
大学編・研究テーマ別索引
大学編・研究者名50音順索引
大学別50音順索引
大学編・検索(PDFファイル)
公設研究機関・試験場編
公設研究機関一覧
公設研究機関別索引
公設研究機関・研究テーマ別索引
公設研究機関編・検索(PDFファイル)
公設試験場一覧
公設試験場別索引
公設試験場編・研究テーマ別索引
公設試験場編・検索(PDFファイル)
検索の手順

大学編

NO.124
1.2 繊維製造 1.2.1 ナノファイバー
研究者名 村上 泰
所属 信州大学 繊維学部 精密素材工学科 材料プロセス工学 助教授
研究テーマ 新しい触媒概念に基づく新規有機・無機繊維材料の創出
概要(文献3)

新しい触媒概念に基づく新規有機・無機繊維材料の創出

研究目的

光触媒は、環境浄化や防汚・防曇・殺菌などの用途、さらには水分解による水素製造や光一電気エネルギー変換デバイスの材料としても注目されている。現在、光触媒材料としては酸化チタンが一般的である。しかし、通常の酸化チタンは紫外光照射によってのみ光触媒として機能するため、紫外光.がほとんど含まれない室内光などでは光触媒能を発現することができなかった。酸化チタンに窒素をドープすることにより、可視光でも光触媒能が発現することが知られているが、窒素をドープする際に高温(600℃以上)での加熱処理をするため、緻密化による表面積の低下や活性の低いルチルへの転移が生じ、光触媒活性自体が低下してしまうという問題があった。本研究は、従来よりもはるかに低い温度で酸化チタンへの窒素ドープを行うことによって、可視光照射によっても高い光触媒活性を示す窒素ドープ型酸化チタン光触媒を開発することを目的としている。なお本研究は、本学の松本太輝産学官連携研究員、独立行政法人物質・材料研究機構の井伊伸夫主席研究員らと共同で行った。

中性かつ塩がない条件下での加水分解・重縮合を促進する触媒
キーワード 触媒化学, 無機材料化学, 電気化学, 化学プロセス工学