メニューページへ
はじめに
調査の目的
事業概要
研究開発調査事業委員会委員名簿
調査実施スケジュール
データベース
研究テーマの分類
大学編
引用文献
大学編・研究テーマ別索引
大学編・研究者名50音順索引
大学別50音順索引
大学編・検索(PDFファイル)
公設研究機関・試験場編
公設研究機関一覧
公設研究機関別索引
公設研究機関・研究テーマ別索引
公設研究機関編・検索(PDFファイル)
公設試験場一覧
公設試験場別索引
公設試験場・研究テーマ別索引
公設試験場編・検索(PDFファイル)
検索の手順

公設試験場編

機関名
グループ名
(19-8) 京都市産業技術研究所 繊維技術センター
研究テーマ
(分類)
酵素を用いた絹のスレ除去技術
(2 テキスタイル 2.3 機能加工 2.3.1 バイオ加工、バイオミメテックス加工)
研究者名 吉村 央
概要

酵素の新たな利用法として、絹の欠点のひとつであるスレの除去に酵素を用いることを検討し、スレの一括除去技術や部分除去技術についての知見を得た。また、スレが発生するために使用できない絹織物の液流染色機による染色に適用し、最終工程に酵素を用いてスレ除去処理を行ったところ、スレは目視では確認できなかった。この方法はスレを見えにくくする方法ではなく除去してしまうためにドライクリーニング処理等で再び現れることもなく、スレ発生前の状態に近づけることが可能な手法である。

キーワード 酵素、スレ除去