メニューページへ
はじめに
調査の目的
事業概要
研究開発調査事業委員会委員名簿
調査実施スケジュール
データベース
研究テーマの分類
大学編
引用文献
大学編・研究テーマ別索引
大学編・研究者名50音順索引
大学別50音順索引
大学編・検索(PDFファイル)
公設研究機関・試験場編
公設研究機関一覧
公設研究機関別索引
公設研究機関・研究テーマ別索引
公設研究機関編・検索(PDFファイル)
公設試験場一覧
公設試験場別索引
公設試験場・研究テーマ別索引
公設試験場編・検索(PDFファイル)
検索の手順

公設試験場編

機関名 (19-5) 京都市産業技術研究所 繊維技術センター
分類 (2 テキスタイル 2.1 ファブリケーション 2.1.1 織物)
研究テーマ 画像紋処理システム
研究者名 白井 治彦
概要

模様織物を織るための紋紙情報は、これまで専用機が必要でしたが、この度ごく一般的な市販のパソコン、周辺機器を用いて紋紙情報を作成できるシステムを開発し、西陣業界をはじめ全国の織物業界でも数百の企業に使用されており、経営改善に役立つ優れたシステムで好評を得ている。

キーワード 画像紋処理システム

研究テーマ 製織時に発生するたて筋と製織条件の関係について
研究者名 名所 高一
概要

織物に発生するたて筋は、製織条件を変えることにより改善される場合がある。各種製織条件のうちたて糸張力に注目し、たて筋との関係について検討した。その結果、帯地などの織物設計の織物では、たて糸張力を増加させるとともに、たて糸張力のばらつきの指標である変動係数が小さくなり、たて筋が減少するなど、織物品質向上に関する多くの知見を得た。

キーワード たて筋

研究テーマ レピア織機における高性能引き揃えよこ糸給糸装置の開発
研究者名 土屋 朝義
概要

レピア織機でよこ糸を複数本引き揃えて製織する場合には、それぞれの糸に対してウェフトフィーダが必要となり、複数色を用いるとさらに多くのウェフトフィーダを用いなければならない。これは多額のコストと場所が必要となる。そこで、今回開発した高性能引き揃えよこ糸給糸装置は、イタリー式撚糸機の原理を応用したもので、複数本のよこ糸を撚糸しながら、製織することができる。これによりコスト削減と省スペースを実現した。さらに簡易な意匠撚糸も可能とした。

キーワード よこ糸給糸装置