メニューページへ
はじめに
調査の目的
事業概要
研究開発調査事業委員会委員名簿
調査実施スケジュール
データベース
研究テーマの分類
大学編
引用文献
大学編・研究テーマ別索引
大学編・研究者名50音順索引
大学別50音順索引
大学編・検索(PDFファイル)
公設研究機関・試験場編
公設研究機関一覧
公設研究機関別索引
公設研究機関・研究テーマ別索引
公設研究機関編・検索(PDFファイル)
公設試験場一覧
公設試験場別索引
公設試験場・研究テーマ別索引
公設試験場編・検索(PDFファイル)
検索の手順

公設試験場編

機関名
グループ名
(7-1) 茨城県工業技術センター 繊維工業指導所
研究テーマ
(分類)
天然染料による一浴多色絣染色方法(2 テキスタイル 2.2 染色 2.2.1 染色)
研究者名  
概要

天然染料による染色で増加する作業工程の効率化に加え、括り糸の防染性の問題から、これまで作製が困難とされてきた緻密な絣の作製を可能とする「天然染料による絣染色」技術を開発した。これを結城紬等に応用し、製品の高付加価値化に取り組んでいる。

【特徴】

  • 括り糸となる綿糸を2種類の感熱性高分子で加工することで、防染効果を向上させ、緻密な絣の作製を可能とした(図2)
  • 異なる媒染剤で処理した糸を同浴中で染色すれば、一度の染色工程で複数色の染め分けが可能(図3)

図2 絣括り糸による防染効果

図3 一浴多色絣染色例図4 一浴多色絣染色による織物試作例(絣部分)

キーワード 天然染料、絣糸染色