メニューページへ
はじめに
調査の目的
事業概要
研究開発調査事業委員会委員名簿
調査実施スケジュール
データベース
研究テーマの分類
大学編
引用文献
大学編・研究テーマ別索引
大学編・研究者名50音順索引
大学別50音順索引
大学編・検索(PDFファイル)
公設研究機関・試験場編
公設研究機関一覧
公設研究機関別索引
公設研究機関・研究テーマ別索引
公設研究機関編・検索(PDFファイル)
公設試験場一覧
公設試験場別索引
公設試験場・研究テーマ別索引
公設試験場編・検索(PDFファイル)
検索の手順

公設試験場編

機関名
グループ名
(3-4) 栃木県産業技術センター 繊維技術支援センター
研究テーマ
(分類)
造林木に対する獣害防止資材の開発
(3 テクテキスタイル 3.2 工業的応用 3.2.8 その他)
研究者名 田中 武、嶋田 和正
概要

近年、造林木に対する獣害が多発し、林業経営上の問題となっているため、編み物による獣害防止資材を開発した。その結果、ネット内部の環境は自然の状態に近く、コスト的には、既存の資材より安価にすることが可能であることがわかった。また、スギについては苗木の生長の面でも問題がなく、実用可能であると考えられるが、ヒノキについては芽の飛び出しが発生する可能性があるため、植栽直後の苗木を用いた現地適用試験の実施と、継続観察が必要である。

ツリーシェルター本体の編組織

キーワード 造林木、獣害防止資材、編物