J-Net21レポート

 さまざまな中小企業支援制度・事業が用意されているけど、制度や事業の説明が難しくて、いま一つ理解できない。結局面倒なので、これまであまり使ったことがないという中小企業経営者の方は多いのではないでしょうか。

 そこで、J-Net21編集部はそのような方のために立ち上がりました。制度・事業を利用したいという人の視線で、現場の担当者へ直接インタビュー、制度・事業のポイントをやさしく、わかりやすくレポートします。


REPORT02

06.中小企業を支える「人づくり」 中小企業大学校

 企業を支えるのは、やはり「人」。中小企業大学校は、中小企業の中核人材を育成する「人づくり」のための研修機関で、全国9ヶ所に設置されています。今回、クローズアップするのは東京校で開講されている、経営後継者研修。この研修に中小企業大学校の真髄をみることができるというのですが・・・さっそく、取材に行ってみました。


REPORT02

05.共同でチャンスを広げる高度化事業

 吉祥寺サンロード商店街、フェアモール福井、等々。もしかしたら皆さんが普段よく使っているかもしれないこれらの施設。中小機構の「高度化事業」を活用して作られたということをご存知ですか?
 企業が一緒に事業を行えばもっと効率がいいのに…。お店が近くにまとまっていたら買い物も便利なのに…。
 共同で取り組めば、企業のチャンスが増えるだけでなく、私たちの暮らしも便利で豊かになる。今回は、地域のみんなのチャンスを広げる、高度化事業についてご紹介します。


REPORT02

04.まだ間に合う!小規模企業の経営者の強い味方「小規模企業共済」

 いよいよ年末の足音が近づいてきました。年末に向けていろいろと忙しくなるなか、今回ご紹介するのは、中小機構の「小規模企業共済」。
 この「小規模企業共済」、実はこの時期だからこそご紹介したい施策。なぜ「この時期」なのか?それはこの施策の最大のメリットが「税金の控除」、つまり「節税対策」にあるから。ご存知の通り、税金の対象となるのは今年度中のお金。来年の納税に向けて、少しでも節税したいのが企業のこころ。アレやコレやと頭を悩ますぐらいなら、まずはこの施策を知ってもらいたい。
 今回のキーワードは、「年末に向けて、まだ間に合う」ですよ!


REPORT02

03.企業と一緒に「考える」 専門家継続派遣事業

 「専門家」ときくと、どんなことを思い浮かべるだろうか?
 その道に精通したプロ。深い知見と豊富な経験。難しいことでもパッと解決…。中小企業の経営に携わっている方なら誰しも、このことは専門家にきいてみたい、見てもらいたいと思った経験があるはず。
 でも、なかなかそうできないのは、どこに行けば専門家に会えるのか、そして、どんな専門家が適しているのか、わからないからではないでしょうか?それに、お金のことも気になります。
 もし、それが、気軽に、しかも中小企業の経営に精通した専門家に見てもらえるのだとしたら…。
 今回は、そんなありがたい支援「専門家継続派遣事業」についてご紹介いたします。


REPORT02

02.事業の拡大は「出会い」から〜日本最大級のマッチングイベント〜

 「就活」になぞらえた「婚活」という言葉が流行るこのご時世。「婚活」のもっとも重要な点は「出会いの場を増やす」ことだとか。「人と出会うこと」が難しいのは、企業も同じ。よいお取引が成就するには、何はともあれ、出会わなければ話になりません。
 インターネットがひろがって、世界もグローバル化して、販路や市場は拡大した。でも、逆に、情報過多になって、本来届いて欲しい人のもとに情報は届きにくくなっている。実は「出会うこと」が難しくなってきているのだ。
 じゃあ、どうしたらいいの? 今回は、企業の出会いを支える秘策「マッチングイベント」についてご紹介いたします。


REPORT01

01.相談窓口は、わが社のアドバイザー

 皆さんは企業経営をしていて困ったとき、誰から的確なアドバイスがほしいと思ったことはないですか。この悩み誰かに聞いてほしいって思ったことはないですか。そんな経営者に気軽に相談できるところがあるんです。