本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2015年]

未発見のクールジャパンを世界に広める電子出版プロジェクト【エアリーライム】

[サービス|東京都]その他なしなし

企業概要

有限会社エアリーライムロゴ(表札)

有限会社エアリーライムロゴ(表札)

株式会社エアリーライムは、フリーで編集ライターをしていた仲間3人が集まり、平成20(2008)年に友人と一緒に起業した女性誌、生活情報誌、企業広報誌、ムック、電子媒体コンテンツなどの企画・編集・ライティングを手掛けている企業です。
 今回の施策活用の内容は、日本に永く伝わる「伝統的ものづくりから生まれる製品(真実のクールジャパン)」を、より多くの読者に知ってもらいたくてはじめた出版事業を発展させ、インバウンドで日本を訪れる外国の方々に、さらに日本の良さを知っていただくための出版事業の一つとして、英語版のe-bookの刊行を計画したものです。
 「伝統的ものづくり産業」を独自取材することによって、国内・海外向け電子書籍としてシリーズで出版するプロジェクトのための経費について、資金面での支援を受けるために、小規模事業者活性化補助金の申請を行いました。
 特に電子書籍は、これまでの刊行物と異なり、(1)レイアウトや頁数による制限もなく写真の解像度も高い等の製作上の自由度が高く、(2)いつでも最新データに更新することも可能で、(3)他の媒体との検索・リンク等の編纂機能があり、(4)より多くの読者を開拓できる素材になることが予想されるなど、本来自分たちが使命としてきた、日本の伝統文化の紹介・技術継承の一助になる、意義ある事業と位置付けました。

e-book 販売用ポスターe-book 販売用ポスター e-book用のHPe-book用のHP
企業名 株式会社エアリーライム
代表者名 髙橋 久美子 従業員数 2名
資本金 350万円 売上高
住所 東京都港区南青山2-12-15 サイトービル4F
電話番号 030-5412-8108
主要製品 書籍・PR誌等の企画・編集・制作・発行や電子書籍の出版

制度を利用するきっかけ

中小企業支援機関に在籍していた社長の知人から、「平成25年度小規模事業者活性化補助金」制度を教えてもらい、同社が計画している電子書籍事業にも活用できることを知りました。
 ただし、補助金にエントリーすることがはじめてであったために、知人から紹介を受けた中小企業診断士の手を借りて申請書を作成し、平成25年8月に採択され、同年11月に交付決定を受け、平成26年2月までの間に事業を実施しました。

支援内容

今回の支援で活用した小規模事業者活性化補助金は、小規模事業者が、女性や若手の経営者・従業員の感性やアイデア等を生かした新商品・新サービスを開発し、早期に市場取引を達成することが見込まれる取組みを支援するものです。
 同社はライティングを専門としていますが、申請書を作成するうえで、中小企業診断士から受けた記述上のアドバイスは、(1)事業内容を簡潔に述べることとして、要約を「急速に拡大している電子書籍市場では、良質なコンテンツが不足している。このプロジェクトは、“クールジャパン”ファンをターゲットに、伝統的な職人の技と文化が息づく暮らしの道具や食材を一つずつ取り上げ、電子書籍ならではの動画・音声・ハイパーリンク等の特性を取り入れたコンテンツを制作し、広く世界に配信するものである」とまとめました。
 次に、(2)創業者の熱意・新規性・実現可能性・収益性それぞれについて、具体的な記述を多くして、数字や表・写真を使って分かりやすく記述するように指摘を受け、A4の用紙10枚を使い、詳細に記述を行いました。
 この結果、補助金の交付決定を受けることができて、英語版「TENUGUI」を刊行し、平成26年10月に「SHOYU」「WASHI」も発売しました。また「アマゾン」「iBookストア」「googleプレイブック」のe-book購入サイトで販売しています。
 http://www.amazon.com/s/ref=ntt_athr_dp_sr_1?_encoding=UTF8&field-author=airy%20rhyme&search-alias=digital-text(アマゾンの購入ページ)
 また、英語版専用ホームページ(http://airy-rhyme.co.jp/e-books/)も作成し、訪日観光客向けのポスターを、彼らの立ち寄る場所に掲示してもらうことができたり、関東経済産業局電子広報誌『いっとじゅっけん』(平成26年8月29日)に本事業が掲載されました。
 http://www.kanto.meti.go.jp/webmag/pdf/1408/1408kigyou_keiei.pdf

支援の結果と今後の展開

e-bookの購入では、書店で手にとって気に入ったから購入してもらうという、今までのプロセスが取れません。また、アマゾンをはじめとするe-book購入サイトは、興味を持った読者がページにアクセスすることで、はじめて書籍の内容に触れることができるシステムです。
 そのため、現在まで100名前後いる購入者数を増加させるには、(1)多くのコンテンツを作成し、シリーズ化することで、「伝統的ものづくり産業」に興味を持つ人々のアクセス数を増加させること、(2)従来の広告宣伝手段を並行して行うことで、売上の増加を図る計画です。

お問い合わせ先
(一社)中小企業診断協会
03-3563-0851

このページの先頭へ