本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2015年]

伊豆大島発!“東京諸島産”高鮮度水産物の加工販売事業【ファミリーレストランBIG・島の大海】

[サービス|東京都]専門家派遣なしなし

企業概要

ファミリーレストランBIGは平成2(1990)年に創業し、約24年間事業を行って来ましたが、観光客、島内人口の減少に伴い、売上が減少しました。代表は、町議会議員としても活動し、観光客の減少は重要な島内問題であるという高い意識を持っていました。その主な原因は、新鮮な水産物・碧海・三原山などの観光資源を十分に活かせていないことです。観光客を呼び戻すには、観光客の“新鮮な魚介類を食べたい”というリクエストに応える必要があります。そのためには、海産物を高鮮度状態で保存し、気候や天候に影響される漁獲量と変動が激しい観光客数に対し安定的に提供することが求められます。そこで、観光産業の復活に向けて、CAS凍結装置を導入して鮮魚を高鮮度に長期間の保存が可能な状態を作り安定して供給する、新規事業への取組みを決意しました。

主力商品を大島近海で獲れる海産物の、金目鯛、イサキ、メダイ、とこぶし、伊勢海老、貝類として、仕入れは、仲買人資格の取得によって市場より直接仕入れを行うことで安価に仕入れます。仕入れた商品は、入荷後直ぐにCAS凍結機で凍結し、-20℃以下の冷凍庫において保存することで、約半年間鮮度が保てます。販売先は、島内の人脈を活かして島内宿泊施設および福祉施設を対象に、受注販売を行います。将来的には、お土産品に加えて、“東京諸島産”として、島外への販売を行う予定です。

*CAS:(株)ABI社の特許技術。CELLS ALIVE SYSTEMの略称で、細胞組織の中にある水分子を振動させることで、生成される氷晶を微細化し、細胞壁や細胞膜を壊しにくくする技術の名称。

CAS凍結機CAS凍結機 CAS凍結された金目鯛CAS凍結された金目鯛
企業名 ファミリーレストランBIG・島の大海
代表者名 松島 良清 従業員数 1名
資本金 売上高
住所 東京都大島町字赤禿24-1
電話番号 04992-2-1182
主要製品 焼き肉レストラン

制度を利用するきっかけ

同社では新規事業として、CAS凍結機を導入して、大島町で水揚げされる海産物を、鮮度を保ったまま保存し、旅館や福祉施設に販売していく事業を3年ほど前から検討していました。事業化に必要な資金は、約6千万円(設備約5千万円、運転資金約1千万円)と見積り、金融機関にも相談し融資申請を行っていました。金融機関からは実現性の高い事業計画の提出を求められ、大島町商工会に相談したところ、経営変革アシストプログラム事業の利用を進められ、専門家と共に事業計画を練り直すことになりました。

支援内容

今回の支援で活用した経営変革アシストプログラム事業は、最大10回の専門家派遣により、経営計画の策定と実行を支援するものです。

まず、事業計画を練り直す目的で、“企業変革プラン”の作成に取り組みました。現在の事業に対して、事業投資額が6千万円を超える高額でリスクが伴う点、初期投資額が大きく融資を受けにくいといった問題があることから、初期投資額の減額に着手しました。同類の装置メーカーから資料や見積りを取り、内容および金額の妥当性を検証した結果、事業規模にあった生産能力の装置を選定し、長期保存が効く冷凍庫を対象から外し、さらにメーカーとの交渉を行い、初期投資額を約1,200万円減額しました。一方で、観光客数と販売先となる宿泊施設、福祉施設の需要から綿密な販売計画を立てて、収支計画を練っていきました。そして、新規事業立ち上げのタスクを明確にして活動計画に落とし込み、それらを実現性の高い“企業変革プラン”としてまとめました。

事業説明会&試食会の様子

事業説明会&試食会の様子

実行段階では、金融機関向けに“創業計画書”としてまとめ直し、収益性や投資回収を明らかにして、融資申請を行いました。融資は、日本政策金融公庫の“新創業融資制度”と七島信用組合に申請し、ジョイント融資で承認を得ました。

また、その他の支援として、東京都中小企業応援ファンド“地域資源活用イノベーション創出助成事業”、島しょ地域中小企業等振興補助事業の申請をサポートし、採択を得ました。

これらの施策支援を活用し、販売予定先を招いた“事業説明会・試食会”を開催して、約70名の関係者にご来場いただき、好評を得ています。

  • 「経営変革アシストプログラム事業」(東京都商工会連合会)

支援の結果と今後の展開

日本政策金融公庫と七島信用組合から、合計で4,800万円の融資を得ました。また、東京都中小企業応援ファンド“地域資源活用イノベーション創出助成事業”、島しょ地域中小企業等振興補助事業の採択を得ました。
 現在、販売に向けた生産準備を行っていて、まずは島内への販売を開始します。次のステップとして、食に関する合同展示会への出展を予定しており、島外販売に向けたアピールと販路開拓を行う計画です。

お問い合わせ先
東京都商工会連合会
042-500-1140

このページの先頭へ