本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2014年]

超親水性完全無機塗料「ゼロクリア」の販路開拓支援【五合】

[化学・繊維|愛知県]コーディネート(TLO等)なしなし

企業概要

株式会社五合は、小川宏二社長が平成13年1月に塗装会社のコンサル業として創業しました。その後、親水性無機塗料の開発者の強い依頼で、特許専用実施権として技術継承後、さらに開発を進めて完全無機塗料「ゼロクリア」の塗装技術を確立しました。

なお、同社ではゼロクリア以外にも独創的なアイデアを原点とした新製品開発への挑戦をモットーに、クレーンコントローラーなども開発し、事業を拡大してきました。

また、会社設立後は中小企業基盤整備機構主催のベンチャーフェアや中小企業総合展(現・新価値創造展)などの各種展示会への出展、ものづくり中小企業製品開発等支援補助金など各種補助金の活用により、販路開拓や製品のブラッシュアップを積極的に行ってきました。

なお、ゼロクリアは、ステンレスなどの基材に塗布した後に焼成してコーティングします。特長は次の3点です。
(1)地球環境に優しい100%無機原料を使用した塗料
(2)塗装表面が超親水性のため、油汚れ等がついても水だけで簡単に落とすことができる高い防汚性と、殺菌剤を配合することによる抗菌効果
(3)鉛筆硬度9Hの高硬度塗膜のため、傷がつきにくく、いつも変わらぬ美しさをキープできる

これまで、汚れが付きにくいことからカーブミラー、給食センター厨房壁面(写真1)、JT向け灰皿(写真2)などに採用されています。一方、首都圏のマーケットで生の声を聞き、製品特性が最も発揮できる分野はどこか、どのような提案をすれば受け入れられるかなど戦略的なアプローチが課題となっていました。

写真1:汚れが付きにくい給食センターの厨房壁面写真1:汚れが付きにくい給食センターの厨房壁面 写真2:水だけで簡単に汚れが落ちるJT灰皿写真2:水だけで簡単に汚れが落ちるJT灰皿
企業名 株式会社五合
代表者名 小川 宏二 従業員数 9名
資本金 2,500万円 売上高 1億5,000万円(2012年度)
住所 愛知県春日井市大手町4-8-10
電話番号 0568-35-2001
主要製品 完全無機塗料「ゼロクリア」の製造・販売・加工
クレーンコントローラーの製造販売

制度を利用するきっかけ

同社は、中小企業基盤整備機構中部本部の支援企業で、新連携の認定事業者です。そこで首都圏マーケットを対象にターゲット分野のニーズの仮説を立て、それを検証するテストマーケティング活動の実践により、新たな販路開拓の可能性を検証することにしました。

そこで、中小企業基盤整備機構中部本部の支援を受けながらブラッシュアップシート(対象顧客と提供価値の明確化)やプレゼン資料の作成に取り組み、販路開拓コーディネート事業の採択に至りました。

支援内容

今回活用した販路開拓コーディネート事業は、優れた新商品(新製品・新技術・新サービス)を持ちながら、新規性が高く具体的な市場が顕在化していない、また広域的な販路開拓を行いたいが手がかりがないなど、単独での販路開拓が困難な中小企業の皆様を対象として、首都圏市場へのアプローチを側面から支援するものです。
 販路開拓コーディネート事業の第1段階は、販路開拓チーフアドバイザーとともに行うマーケティング企画のブラッシュアップです。油汚れに悩まされている企業、または塗装加工することで自社製品の優位性をアピールできる企業はどこかという観点から、次の3分野が設定されました。
(1)油汚れに悩まされている大手外食チェーン店の厨房や食器、および食品工場で使用する設備
(2)ホテルのフロントやエレベーターなど、ステンレスに傷がつくとイメージに影響する場所
(3)大手スーパー、百貨店のキッチン・厨房

支援の第2段階は、仮説の検証です。3名の販路開拓コーディネーターとともに7社に計23回(そのうち、同行訪問は17回)の支援活動が実施されました。支援の着地点は、(1)想定分野における現場の声のヒアリングと導入ステップの明確化、(2)実使用場面でのテスト使用による評価とされました。
 訪問活動の結果、次の3点の結果が得られました。
(1)大手食品工場設備の排水溝のステンレス表面へ施工・納入し、汚れの付きにくさを検証しました。蒸し器など蒸気を使用する高温多湿の条件下では、耐久性が不十分であることがわかりました
(2)大手外食チェーンの皿や箸などに施工し、食洗機で汚れの落ちやすさに改善が見られました
(3)ホテルのエレベーターでの使用を具体的に検討いただけることになりました
 支援の第3段階では、支援期間中のコーディネーターの活動をまとめ、そこで得た結果、成果について報告され、具体的な提言を受けました。

支援の結果と今後の展開

写真3:防汚性の高いシステムキッチン

写真3:防汚性の高いシステムキッチン

支援の結果として、大手食品工場排水設備に試験採用され、ホテルのエレベーターの行先表示板等でも具体的に検討いただけることになりました。

また、大手厨房機器メーカーは他社にない高い防汚性厨房機器(写真3)として採用を検討中であり、今後の展開が期待されます。

今後については、高温多湿下で耐久性のある塗料組成の開発、既存焼成窯以上の大型品への対応力を強化することで、さらなるユーザー発掘に努めるよう提言を受けました。

お問い合わせ先
(独)中小企業基盤整備機構 関東本部 経営支援部 マーケティング支援課
03-5470-1638

このページの先頭へ