本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2014年]

ホームページを活用して省力機械の受注増を実現【角田】

[機械|埼玉県]専門家派遣なしなし

企業概要

株式会社角田のホームページ

株式会社角田のホームページ

株式会社角田は、昭和56(1981)年に埼玉県熊谷市で設立されました。当初は家電部品の金型・板金加工を主な業務としていましたが、昭和63年にマシニングセンターを導入し、産業機械・機器関連の精密加工部品分野に進出しました。

その後も生産設備の増強を行い、生産能力の拡大に努めるだけでなく、体制の整備も行い、平成17(2005)年にはISO9001認証を取得、さらに平成25年にはエコアクション21認証を取得するなど、顧客から信頼される体制を築いています。

また、平成20年にはCADシステムを導入して設計業務を開始し、平成23年には経営革新計画を承認されるなど、不断の革新を続けています。そして、平成24年には同社にとって初となる海外拠点を韓国に設立するなど、新たな挑戦に取り組んでいます。

なお、これまで同社の主力は精密加工部品でしたが、自社で設計能力を獲得したことを機に、部品の納入だけではなく、省力機械の生産に乗り出しました。

角田広明社長

角田広明社長

省力機械とは、文字通り省力を実現する機械のことですが、同社では「人がやっていることを機械に置き換えること。機械がやっていることを、さらに時間を短縮あるいは工程を短縮すること」と定義しています。主に工場の生産ラインをより効率化したり、品質を安定させたり、安全な作業環境を実現するために導入されるものです。

同社は、部品単体よりも利益率の高い省力機械を今後の主力にしていく計画ですが、これまでの部品加工の顧客は主に産業用機械メーカーであり、省力機械のユーザーとは顧客層が異なっています。既存顧客とは異なる顧客とどうやって出会うのか、という点が同社の大きな課題になっていました。

企業名 株式会社角田
代表者名 角田 広明 従業員数 40名
資本金 1,000万円 売上高
住所 埼玉県熊谷市久保島936-1
電話番号 048-532-4396
主要製品 ・各種精密部品加工及び組立て
・治工具及び機械装置・省力化機器等の設計・製作

制度を利用するきっかけ

どのようにして多くの省力機械を販売するかということが、角田社長にとって大きな経営課題の1つでした。そのことを普段から付き合いのある金融機関に相談したところ、ホームページを活用しての集客を提案されました。

そこで、製造業のWebマーケティングに強い専門家を、専門家派遣制度を活用することにより招聘し、課題の解決に取り組むこととなりました。

支援内容

一口に省力機械といってもその範囲は広く、一般的にはベルトコンベアやマテハン機器などを指していう場合が多いのが現状です。同社が提供する省力機械は、製造装置と製造装置をつなぐ部分であったり、加工対象物の整列や移動といった部分であり、大きな装置を提供するケースもあれば、現在使用している装置に合わせて、新たな治具を提供することなども含まれています。

このような状況の中で、狙っているターゲットと接触するためには、ターゲットを細分化し、そのターゲットが何を望んでいるかを考えた上でホームページを作成しないと、どれだけアクセス数が増加しても、狙った問い合わせは来ないことになります。

そこで、専門家のアドバイスの下、全社戦略からブレイクダウンし、どのような顧客に何を発信していけば、問い合わせにつながるホームページになるのかを考えていきました。

専門家と話し合った結果、ホームページのコンセプトは「生産ラインの課題解決をサポートする」ということに決まりました。ユーザーは、自社のラインを省力できるかどうか認識していないケースもあります。そのような人に対して、省力機械の導入で解決できる部分を伝え、自社の場合はどうなんだろうと考えさせるような、ホームページのコンテンツと動線を設計しました。

また、同社はこれまでもホームページを所有していましたが、アクセス数があまりない状況でした。そこで、アクセス数を獲得するためのSEO対策についても考慮しながら、ホームページの設計を進めていきました。

  • 「地域力連携拠点事業による専門家派遣制度」(中小企業庁)
    *現在は類似の支援として中小企業支援センターによる専門家派遣制度があります。

支援の結果と今後の展開

ホームページ公開後、省力機械に対する問い合わせが多数来るようになりました。問い合わせの質も、単なる資料請求などではなく、ホームページの内容を見た上で、自社の製造ラインをどうすればよいかという具体的なものが中心です。

専門業者の力も借りたSEO対策も成果を見せ、毎月一定数のアクセス数を集めるなど、コンスタントに問い合わせを得ることに成功しました。

お問い合わせ先
(一社)中小企業診断協会
03-3563-0851

このページの先頭へ