本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2014年]

食の楽しさを提供する飲食店のクッキングレッスン【米キッチン(まいきっちん)】

[サービス|埼玉県]専門家派遣相談・アドバイスなし

企業概要

クッキングレッスンを前面に出した店舗正面

クッキングレッスンを前面に出した店舗正面

米キッチン(まいきっちん)は平成23年12月、現在店主を務める上永瀬美貴子氏が埼玉県新座市に個人事業として立ち上げた飲食店です。
 上永瀬氏は専業主婦を15年間経験した後に、保育園・学校などの給食調理員を9年間務めました。その後、平成17年に調理師免許を取得するなど根っからの料理好きであり、それが高じて平成23年5月には料理コンテストの予選を勝ち抜き、テレビ番組にも出演しました。
 「体は食べたものからできている」ことを強く意識した米キッチンのメニューの中には、固定観念にとらわれない食材を活用したものや、それらを組み合わせたものもあり、新たな味や食の楽しさを提供しています。
 そしてメニューの中でも一番人気は、1食最低10品目を盛り込んだ日替わりの看板メニュー「米(まい)プレート」です。食材10品目を盛り込んだ5種類の惣菜のうち、卵焼き以外の惣菜は毎日変更しており、1年間で作った惣菜は1,000種類を超えています。
 また、顧客の要望にも丁寧に耳を傾け、離乳食やアレルギー対応食も提供しています。店内は小さな子ども連れの顧客もゆったり楽しめるように、顧客ひとりあたりのスペースを広く取るとともに、子どもが遊べるスペースも用意されています。
 さらに1回完結のクッキングレッスンを店内で実施し、調理の楽しさも提供しており、定年退職した男性や、若い母親を中心に受講生も増えつつあります。

木のぬくもりを基調にした店内木のぬくもりを基調にした店内 POPで月替りのレッスン内容を告知POPで月替りのレッスン内容を告知
企業名 米キッチン(まいきっちん)
代表者名 上永瀬 美貴子 従業員数 1名
資本金 売上高 278万円(平成24年12月期)
住所 埼玉県新座市北野3-10-15-101
電話番号 090-9295-2720
主要製品 健康に配慮した食事、クッキングレッスン

制度を利用するきっかけ

平成20年に創業セミナーを受講した後、創業準備を進め、平成23年11月に開業しましたが、1年間の営業を通じて思うような集客ができませんでした。そこで店主の上永瀬氏が近隣の志木市商工会に相談に行ったところ、中小企業新事業活動促進法に基づく経営革新計画の作成・承認制度を紹介されました。専門家の支援のもと、創業前に作成した計画を見直すとともに集客力のテコ入れを図るべく、同制度を活用することとしました。

支援内容

上永瀬氏は、食の楽しさを存分に味わうには、飲食する側としてだけでなく、飲食させる側として楽しむことも重要だという考えがありました。そのため、創業後に店内でクッキングスクールも開催しましたが、顧客への訴求がうまくいかなかったこともあり、結果として飲食をする顧客からの収益に大きく依存していました。これを打破し、クッキングスクールを収益の2本目の柱にしたいという思いがありました。
 そこでまず専門家の支援を受けながら、米キッチンの強みを検討しました。見えてきた強みとしては、立地面で駅から若干離れているものの幼稚園に近いため、そこに子どもを通わせる母親を顧客ターゲットとして設定できることを認識しました。また、販売促進面で、テレビ出演やそれをきっかけとした有名人の来店といった強みを過小評価するきらいがあったため、これらをさらにPRしていくこととしました。
 また、将来ビジョンが広がりすぎており、総花的なものとなっていたため、具体的な行動を起こすことができていない状況でした。そこで、3年後のビジョンと4年目以降のビジョンを切り分けて考えるとともに、具体的な行動計画は既存顧客固定化のための行動と新規顧客集客のための行動に切り分けて検討しました。
 さらに、売上・利益計画は見込める客数と客単価を現実的なものに修正し、それをもとにした資金繰り計画も作成しました。
 この取組みを経営革新計画として立案し、平成25年3月には、埼玉県に経営革新計画の承認を申請し、県知事の承認を受けるに至りました。

支援の結果と今後の展開

店頭にクッキングレッスンの看板を設置するとともに、店内告知も進めてきた結果、レッスンの開催回数は徐々に増加し、レッスン単価も想定以上に上がりました。
 また、看板メニューの米プレートのテイクアウトや宅配という要望にも応えています。
 さらに、志木市産「こしひかり」を生地に練りこんだカレーパンを開発し、JAのイベント時に注文を受け付けています。こちらのカレーパンは今後、志木市商工会推奨品としての認定を目指しています。

お問い合わせ先
志木市商工会
TEL:048-471-0049

このページの先頭へ