本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2014年]

ゆばを安全・安心・美味・安価に大量生産する新生産方式の導入【比叡ゆば本舗ゆば八】

[食料・食品|滋賀県]専門家派遣相談・アドバイスなし

企業概要

八木幸子 代表取締役

八木幸子 代表取締役

「ゆば」は江戸時代(寛政年間)の昔から、豆乳をゆば釜に入れ、加熱製造する素朴な職人気質の製法に拠ってきました。商品イメージが「高貴・珍味」というもので、需要も寺や高級料理店等に限られてきました。
 そこで、比叡ゆば本舗ゆば八では、このゆば商品を消費者に身近な「日常の食材」に育て上げ、国内外に消費拡大を図る努力を積み重ねてきました。
 たとえば、年間20アイテムを超える新製品開発に取り組み、従来の「精進料理、伝統食材」という固定観念から「日常の食材、世界の食材」へと新しい食文化の創造にチャレンジしてきました。
 また、製造業ながら消費者との交流を図り、消費者のニーズを把握するため、百貨店の催事販売への積極出展や工場見学、八木幸子社長の講演活動、料理教室をはじめ、海外市場でのプレゼンテーションにも力を入れてきました。
 このような営業努力の結果として、年々売上は拡大し、今回、顧客需要の拡がりに対応するために革新的な生産方式による新工場を建設することになりました。
 なお、革新的生産方式の要点は、次のとおりです。
1.安全:衛生面はHACCP、ISO22000に準拠する
2.安心:材料は滋賀県産大豆を100%使用する
3.美味:大量生産の中でこれまでの手作り風味を維持する
4.安価:短い作業動線、省力化、大量生産
5.効率:自社開発の新型ゆば釜、各種自動装置のシステム的導入

守山新工場パース(完成予想図)守山新工場パース(完成予想図) ありがとう湯葉のお吸物ありがとう湯葉のお吸物
企業名 株式会社比叡ゆば本舗ゆば八
代表者名 代表取締役 八木 幸子 従業員数 73名
資本金 2,500万円 売上高 非公開
住所 滋賀県大津市中央4-3-10
電話番号 077-522-7398
主要製品 生ゆば、半生ゆば、乾燥ゆば、佃煮ゆば、三色ゆば、絵文字ゆば

制度を利用するきっかけ

大津商工会議所の経営指導員(中小企業診断士)が、巡回相談の中で事業拡大を目指す新たな生産方式による工場新設の投資相談を受けました。
 この相談過程の中で経営革新の施策説明を行い、事業計画策定の支援を行うことになりました。

支援内容

大津商工会議所では、比叡ゆば本舗ゆば八に対して、従来からの巡回相談をベースに、旧地域力連携拠点事業や旧中小企業支援ネットワーク強化事業などの公的支援策をフルに活用して継続的な支援を行ってきました。
 これらの支援においては、上級アドバイザーや派遣専門家、経営指導員がともに中小企業診断士であり、互いに連携しながらそれぞれの専門分野を活かして役割分担を行い、工場の生産性改善やHACCP、マーケテイングなどについて継続的な支援を行っています。
 今回の経営革新の事業計画策定支援も、これらの継続的な支援の一環として取り組んできました。
 この継続的支援の結果として、経営革新計画につながるものづくり補助金や販路拡大のための市場化ステージ事業補助金など、中小企業施策の活用支援に次々と結び付き、さらに事業を発展させて行くという好循環を生んでいます。

支援の結果と今後の展開

経営革新計画の認定を受けたことにより、日本政策金融公庫の融資(新事業活動促進資金)も長期・低利で行われ、現在、新規工場の建設もスムーズに進んでいます。
 また、経営革新の認定により、滋賀県市場化ステージ支援事業補助金を受けることができ、新規開発製品の広告宣伝を効果的に行うことができました。
 今後は新規工場の完成により、生産性のアップが期待されるところであり、今後5年間で付加価値額は117.3%、1人当たりの付加価値額は77.5%向上する計画となっています。

お問い合わせ先
大津商工会議所
TEL:077-511-1501

このページの先頭へ