本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2014年]

後継者育成を兼ねた事業継続計画(BCP)の作成【協和ACI】

[金属|山梨県]専門家派遣なしなし

企業概要

金型設計から成形、塗装までの一貫生産

金型設計から成形、塗装までの一貫生産

協和ACIは、協和油化株式会社の化成品事業部から分社化し、平成23(2011)年2月に新会社として設立されました。協和油化の前身である協和化学工業としては、昭和35(1960)年の創業以来、プラスチック製品の成形加工、印刷、塗装、組立など一貫した対応を行ってきました。また、高い精度と多品種少量の「モノ」を生み出すために、試行錯誤を続けてきました。
 同社の経営理念は、「現代社会で次々と生み出される豊かで快適な生活を送るための『アイデア』を、実際に機能する『モノ』という形にするお手伝いをすること。そしてこの創業の地である『サト』で作り続けることで、お取引先の皆様や地域の皆様とともに発展する企業として、努力を続けています」とあります。
 同社の強みは、(1)顧客の依頼に応じて、企画立案から素材の選定、製品開発までトータルサポートを行うこと、(2)簡易金型による試作、金型設計・製作、成形、印刷、塗装、組立と一貫した対応が可能であること、(3)20-450トンまで幅広い成形機とさまざまな材料の成形が可能であり、医療、通信機器、半導体、航空機などの分野に対応できることです。  社長である杉本信一氏は、次期後継者である子息の専務取締役・杉本郷氏と共に、新しい価値を感じてもらえるようなニーズを先取りした製品を開発し、多品種少ロット・短納期などの顧客ニーズに応えられるよう、日々新たな取組みを続けています。

自社開発製品のポジショニングインジゲータ自社開発製品のポジショニングインジゲータ 自社オリジナル製品のデジタルタイマー自社オリジナル製品のデジタルタイマー
企業名 協和ACI株式会社
代表者名 杉本 信一 従業員数 20名
資本金 300万円 売上高 4億円
住所 山梨県上野原市秋山11039-1
電話番号 0554-56-2231
主要製品 熱可塑性樹脂射出成型品、熱可塑性樹脂成型品

制度を利用するきっかけ

平成24年6月に地元上野原市商工会の経営指導員の訪問により、事業継続計画(BCP)の概要とその必要性について説明を受けました。杉本社長は、新会社としての新たなスタートを機に、次期後継者と共に継続的な企業の発展に取り組む中、東日本大震災等を教訓にして自然災害に対する備えの必要性を感じていました。
 山梨県商工会連合会による平成24年度の重点的な取組みであるBCP策定支援スキームを活用して、中小企業支援ネットワーク強化事業(平成24年度で終了)における専門家派遣を受けることでBCP計画書を作成することができました。

支援内容

山梨県商工会連合会では、BCP策定の支援を行うために以下のような支援体制が構築されました。
 (1)山梨県版BCP策定支援マニュアルの作成
 小規模事業者が多い地域の特性を踏まえ、業種は特定せずに幅広く対応でき、取り組みやすく、かつBCPの必要項目はしっかりとおさえた山梨県独自のマニュアルを作成しました。
 (2)策定支援スキームの体制作り
 商工会経営指導員による訪問、セミナー開催による活動の中からBCP 策定企業を掘り起こし、策定希望事業所に対して、専門家と共に商工会の経営指導員が同行し、3回の支援でBCPが完成します。
 (3)経営指導員向け研修会の開催
 常に企業の相談と支援を行う経営指導員が、BCPに対する理解を深めて支援する体制が必要であり、県内商工会経営指導員等を対象にした研修会を2回開催しました。
 これらの支援体制により、同社のBCP策定支援が行われました。1回目はBCPの概要説明と山梨県版策定マニュアルの作成方法について記入例を使い具体的な説明を受けました。杉本社長の考えで、後継者育成の一環として専務が作成し、2回目、3回目でブラシュアップの支援を受けました。整備計画には、6年後を目標に後継者に事業を承継する目標も設定され、社長と専務の双方により確認され、BCP計画の一環として取り組まれています。

支援の結果と今後の展開

BCPは、リスク発生時における実効性が求められるものであり、紙面による計画の完成はその第1歩に過ぎません。そのため同社でも年1回の計画の見直しや従業員に対する継続的な教育・訓練が必要になります。
 なお、山梨県商工会連合会では、平成25年度も引き続き策定済企業の計画更新のフォローアップを行うと共に、新たな策定企業の掘り起こしも行っています(平成24年度実績:山梨県商工会会員企業75社にてBCP策定)。

お問い合わせ先
山梨県商工会連合会
055-235-2115

上野原市商工会
0554-63-0638

このページの先頭へ