本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2014年]

健康志向に対応したドリップタイプの新商品開発及び販路開拓【いづみや珈琲】

[食料・食品|佐賀県]相談・アドバイスなしなし

企業概要

商業地域に存在するいづみや珈琲外観

商業地域に存在するいづみや珈琲外観

いづみや珈琲は、代表の前山治彦氏が平成22(2010)年に入院した際に売上げの伸びが止まり、顧客からのクレームも頻発しました。それを通して代表者個人のスキルに焙煎技術や顧客対応能力が依存していることが明白になりました。そのため今後は従業員のスキルアップを図るとともに、従来は8割以上を配達で上げていた売上を店頭売りにシフトし、あわせて県内各地にて珈琲セミナーを開催することで佐賀に珈琲文化の浸透を図りたいと考え、経営革新計画に取り組みました。
 新商品開発については、百貨店等に販促に行った際、せっかくの商品のよさ(低温で抽出できるドリップ珈琲等)を他の商品と差別化ができていないと言われるケースが多かったことから、地元の優れた商品や原材料を取り入れた新しい珈琲の開発および販路開拓も行うこととしました。
 また顧客の健康志向、妊娠しても珈琲を飲みたいという主婦の増加、就寝前に珈琲を飲みたいという顧客の要望に対応するため、ドリップ珈琲の新商品開発および販路開拓を行いたいと考えました。具体的には、オーガニック珈琲やカフェインレス珈琲などです。
 なお販路開拓については、新商品の「DO!珈琲80℃」を国内では美容室等に営業展開し、海外では香港、台湾、上海等に営業展開することとしました。また、あわせてネット等の通販の強化も行うこととしました。

顧客の注文に応じるいづみや珈琲店内顧客の注文に応じるいづみや珈琲店内 オフィスで低温抽出できるDo!珈琲80℃オフィスで低温抽出できるDo!珈琲80℃
企業名 有限会社いづみや珈琲
代表者名 前山 治彦 従業員数 7名
資本金 700万円 売上高 9,000万円
住所 佐賀県佐賀市兵庫南1丁目8-13
電話番号 0952-24-8162
主要製品 珈琲、日本茶、用品等

制度を利用するきっかけ

前山治彦社長が、佐賀市の中小企業を支援する佐賀市産業支援相談室で同社の新規事業について相談しました。 その際、消費者のニーズにあった新商品の開発または生産、新サービスの開発または提供等による経営革新の重要性を指摘され、経営革新支援法の申請を勧められたことにより、計画策定支援のための中小企業診断士を紹介されたことが、今回の経営革新支援法の申請のきっかけとなりました。

支援内容

朝沸かしたお湯を魔法瓶に入れ、80℃ぐらいでも再度沸騰せずにドリップ珈琲が抽出できる新商品を開発しました。これは、忙しい人でもすぐに飲める商品として開発したものでしたが、東日本大震災後の省エネ対策にも合致した商品として売れています。また、この商品は佐賀市や佐賀県主催の海外との商談会でも好評で、現在上海や韓国の企業との商談も進んでいます。特に韓国内のコーヒーショップの珈琲よりも、いづみや珈琲のドリップ珈琲のほうが高評価ということもあり、韓国のコンビニの商品として、商談が進んでいます。
 なお、いづみや珈琲では常連客1人ひとりの好み(酸味、苦みなど)を把握しています。しかし、主に社長が頭の中で把握しているだけで、従業員の共有知識となっていないのが現状でした。そこで、店頭で購入する顧客情報を一元管理し、顧客のランク付けとポイント制度の導入を図り、顧客にとっての利便性向上と顔の見える接客を取り入れることがアドバイスされました。
 また、佐賀には嬉野という日本茶の名産地があり、県内は珈琲よりもお茶の文化であることから、珈琲文化を佐賀に根付かせることを目的として前山社長自ら無料で珈琲のうんちく、美味しいドリップの仕方などを市民講座という形で公開し、地域の人々に珈琲に興味と関心を持ってもらう取組みが提案されました。

支援の結果と今後の展開

経営革新計画を前山社長と中小企業診断士が作り上げていく過程で、経営に対する考え方が明確になってきました。 新商品の「Do!珈琲80℃」は、佐賀県主催の商談会を通じて香港や韓国、台湾などから引き合いも来ており、今後も輸出を含めた事業展開が期待できます。
さらに地元佐賀においても、佐賀大学経済学部主催の学生と市民を対象とした実地研修の佐賀県発の海外展開企業の実例として、いづみや珈琲の取組み内容について発表する機会が与えられました。

お問い合わせ先
佐賀市産業支援相談室
0952-40-7079

このページの先頭へ