本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2013年]

自社製品の初の海外取引を成功させ、新たな収益源として今後も積極的な海外展開を目指す【竹中機械製作所】

[機械|千葉県]専門家派遣イベントなし

企業概要

竹中機械製作所は、産業機械部品を始めガスタービン部品・自動車関連部品・半導体関連部品・精密金型部品・産業ロボット部品等の精密部品加工と機械装置の組立・検査を行っている製造業です。昭和7(1932)年に東京都品川区で創業し、戦時中には軍の指定管理工場になった経験のある歴史ある会社で、現在は千葉県千葉市に本社・工場、神奈川県相模原市に工場を有しています。

機械加工では旋盤、マシニング、ワイヤー加工、研磨まで一貫した内製加工体制で、ワークサイズは、丸材:直径1-800 mm、角材:X方向1500mm・Y方向750mmまでの対応が可能です。バーコードシステムによるリアルタイムの進捗・納期管理の実施、平成19(2007)年には東京精密製の三次元測定器を導入し、恒温の検査室での検査体制を構築するなど、お客様のニーズにきめ細かく対応できる体制を構築しています。

同社は高度成長期には順調に業績を伸ばし、事業規模を拡大してきましたが、バブル崩壊やリーマンショックなどの環境変化により、下請け業務だけでは会社の永続的な発展が厳しい状況になりました。そこで平成22年からは、新事業として千葉県内に多くある石油備蓄タンクの洗浄というニッチなニーズに着目し、石油タンク洗浄マシンを開発・販売する事業を開始しました。幸い新事業は順調に推移し、平成24年11月期には売上の30%を占めるまでに成長しています。

中国国際輸入製品博覧会での同社ブースの様子中国国際輸入製品博覧会での同社ブースの様子 自社製品の石油タンク洗浄マシン自社製品の石油タンク洗浄マシン
企業名 株式会社竹中機械製作所
代表者名 竹中 栄一 従業員数 21名
資本金 1,000万円 売上高 2億3,500万円
住所 千葉県千葉市花見川区こてはし町1669-4
電話番号 043-259-2609
主要製品 産業用機械向け精密加工部品、石油タンク洗浄マシン

制度を利用するきっかけ

石油タンク洗浄マシンを開発し、プロモーションのためにyoutubeにその動画をアップしていましたが、それを見た中国の会社から何回か直接問い合わせがありました。まさか海外の会社から直接問い合わせが入るとは思っていませんでしたが、この問い合わせにより、中国でもニーズがあることがわかりました。

ただし、海外に製品を輸出や販売をしたことがなかったため、ちば海外ビジネスサポートセンターの中小企業国際ビジネス実務支援事業を利用し、海外との取引について支援を受けることにしました。

支援内容

支援を依頼した平成24年当時は、新経営方針として海外との取引による業績拡大を目指しているものの、従来の経営が国内に特化していたため、何をどうすればよいのかわからず手詰まりの状態にありました。

そこで、ちば海外ビジネスサポートセンターから3名の専門家を紹介してもらい、面接を行ったうえで同社にとって最適と思われる1人を選定し、その専門家から支援を受けることになりました。

国内では、業界の慣行の中で安全に取引できていましたが、海外の顧客を相手にする場合には現地のルールに精通していなければ、自社の利益や安全が確保できません。FOB(Free on Board:商品の所有権が相手国の船舶や飛行機などに荷積みされた時点で、その商権やリスクが買主に移転するという取引条件)という言葉も知らず、海外への販売経験がまったくなかった同社にとっては、そのやり方やノウハウを初歩から学ぶ絶好の機会となりました。

特に今回の支援では、すでに具体的な引き合いがありましたので、その引き合いをもとに市場の把握、売り先の調査、価格清算、建値選別、通関制度、危険費用負担区分、保険活用、決済方法、債券保全、為替予約など、一連の流れの中で実務を行いながら習得することができました。

また、専門家からはJETRO主催の「中国国際輸入製品博覧会」を紹介され、出展しました。さらには専門家には現地に一緒に同行してもらい、展示品の出荷、関係書類作成、展示会の活用方法、現地商談の進め方を学びました。

支援の結果と今後の展開

支援を得ながら実際の引き合いに対応していましたが、その支援の成果もあって平成24年12月に商談が決まりました。

その後、製品の詳細な仕様を詰め、平成25年5月に同社として初の海外取引が成立し、製品を出荷することができました。その後も引き続き注文を受けています。

現在の海外取引は中国のみですが、今後は工業化が進む東南アジア市場へ向け、取引を拡大させていきたいと思っています。

お問い合わせ先
ちば海外ビジネスサポートセンター(COBSC)
TEL:043-271-4100

このページの先頭へ