本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2013年]

立体的な膜剥離加工ができる「3軸3次元レーザー加工機」の販路開拓【ワークステーション】

[機械|群馬県]コーディネート(TLO等)なしなし

企業概要

株式会社ワークステーションは、群馬県太田市にある平成19(2007)年設立の板金加工会社です。薄板加工を得意とし、電機・医療機器などの部品を設計から試作・量産まで自社で行っています。数年前からレーザー加工装置を導入し、地元のパチンコ台メーカー向けに装飾部品を製造して、供給する事業を始めました。成形された樹脂部品にアルミを真空蒸着させ、カラー着色塗装した後にレーザーで塗膜とアルミ膜の一部を剥離して、より装飾性を高めることができます。

今般、パチンコ台メーカーからの要請により、より立体的なレーザー加工ができるように、加工対象物を載せるステージをXYZ方向に移動させる3軸3次元加工装置を開発しました。従来のレーザー剥離加工が困難であった複雑な3次元曲面を持つ形状の部品にも適用することができるほか、従来の製造方法では実現できなかった意匠性の高い微細なデザインが加工できるようになります。

本装置は3次元加工のほかに、(1)6ステージを連続加工することが可能で大きな製品や立体的な製品を1工程で加工ができる、(2)内蔵する制御盤に加工プログラムを10個登録できタッチパネル操作で簡単に呼び出すことができる、(3)粉塵回収とイオナイザによる静電気防止の仕組みを取り入れ粉塵爆発を起こさない完全設計、という特徴も持っており、不良発生を抑えるとともに製造コストの削減が見込まれます。なお、XY軸に移動してさらに回転する5軸加工装置も開発中です。

3軸3次元レーザー加工装置3軸3次元レーザー加工装置 3軸3次元レーザー加工事例3軸3次元レーザー加工事例
企業名 株式会社ワークステーション
代表者名 海老沼 恵也 従業員数 20名
資本金 3,000万円 売上高 4億5,200万円
住所 群馬県太田市西新町14-1
電話番号 0276-33-9107
主要製品 精密板金部品の製造、レーザー加工機の製造、レーザー加工の受託

制度を利用するきっかけ

内製用に開発したレーザー加工装置ですが、パチンコ台製造以外の業界に自社製品として販売できないか、あるいはこの加工装置を活用して新たな顧客からレーザー加工の仕事を受託できないかと考えていました。

しかし、どの業界にどのようにアプローチしたらよいかわからない状態だったので、群馬県産業支援機構に相談したところ、中小企業基盤整備機構(中小機構)関東本部で行っている販路開拓コーディネート事業を紹介されました。

支援内容

販路開拓コーディネート事業の第一段階は、マーケティングのブラッシュアップです。チーフアドバイザーとの打ち合わせで、ターゲットが「キャラクター商品」「化粧品の容器」「玩具」に絞られました。

次にこれらの業界では「より立体的で装飾性の高い容器や飾りの潜在的需要がある」という仮説が設定されました。レーザーによる膜剥離加工はあまり知られていないので、加工方法も紹介し、ターゲット業界に具体的な提案をするプレゼン資料を準備するとともに、ターゲット業界のイメージに合うようなサンプルを準備しました。

第二段階では、2人のコーディネーターとともに5社のアプローチ先に、計10回の同行訪問が行われ、上記の仮説の検証が行われました。同社は、与えられた課題に対してすぐに試作を行うなど、積極的に取組んだため、アプローチ先も非常に協力的でした。

訪問の結果、膜剥離加工の認知度が低く、市場が形成されていないため、高価格の装置を購入するニーズはありませんでした。しかし、訪問した各社からは、立体的で装飾性の高い加工に高い評価を受け、特にデザイナーから使ってみたいとの意見が多かったことから、潜在的な需要は確認できました。試作を通して各社から技術レベルを確認してもらい、今後発生する案件で採用を検討したいという意見をいただきました。しかしながら、加工コストが課題となる製品も多いことがわかりました。

第三段階としては、訪問活動を総括し、仮説の評価と今後の方向性についての討議が行われました。

支援の結果と今後の展開

レーザー加工会社に本技術が評価され、腕時計の枠、ヨーヨー駒について試作を行い、その先のお客様に提案するとともに、協業関係を結ぶことができました。化粧品メーカーにはコンパクト容器の試作を提案し、さまざまな観点から情報を入手することができました。

今後は付加価値の高い高級インテリアや照明器具への販路開拓を進める一方、量産した製品に1個ずつ名前などを装飾加工するビジネスモデルを構築していく方針です。

お問い合わせ先
(独)中小企業基盤整備機構 関東本部 経営支援部 マーケティング支援課
TEL:03-5470-1638

このページの先頭へ