本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2013年]

カット野菜用鮮度保持包材の新規市場参入を目指した販路開拓【ベルグリーンワイズ】

[食料・食品|愛知県]コーディネート(TLO等)なしなし

企業概要

キャベツを入れた包材

キャベツを入れた包材

株式会社ベルグリーンワイズは名古屋市に本社を置く、食品用鮮度保持包材の製造販売会社です。同社の製品開発は、末端ユーザーの声を聞きながら、包装する素材に合わせたフィルムに関して包材用フィルムメーカーと連携して行ってきました。同社の鮮度保持包材「オーラパック」は、ジャガイモなどの根菜類、イチゴなどの果物類、キャベツなど葉もの用としてJAや中部地区スーパーを中心に採用実績を拡大してきました。

これら鮮度保持包材は、野菜・果物いずれも丸のままのホール品用包材でした。これに対し同社は、近年シェアを拡大しているカット野菜市場に着目し、カット野菜用鮮度保持包材を独自に開発しました。これはホール品に比べ、水分透過性と空気透過性の高いフィルムを特殊な方法でラミネートした包材です。この包材を一般消費者用の小売だけでなく、外食産業など業務用カット野菜包材として販路開拓を計画していました。

しかし同社は、これまで主に小売へ野菜類を納入しているメーカー等を対象に商社を通じて販売してきました。そのため、業務用の販売ルートが弱く、新規包材をどのようして業務用カット野菜メーカーに販売すべきかが明確になっていませんでした。特に品質については、社内で競合品と比較して独自評価を行い、優位性は確認されているものの、その優位性がユーザーにとって現行品と切り替えてまで使用できる基準に達しているかを確認する必要がありました。

ニンジンを入れた包材ニンジンを入れた包材 ピーマンを入れた包材ピーマンを入れた包材
企業名 株式会社ベルグリーンワイズ
代表者名 小森 弘道 従業員数 17名
資本金 2,000万円 売上高 非公開
住所 愛知県名古屋市中区新栄2-42-28
電話番号 052-238-1413
主要製品 鮮度保持用包材

制度を利用するきっかけ

同社は、中部経済産業局で新連携の認定を受け、中小企業基盤整備機構(中小機構)中部本部が支援している企業です。中小機構中部本部から中小機構関東本部に販路開拓コーディネート事業の相談があり、支援が始まりました。

販路開拓コーディネート事業は、新製品を開発したものの、それが市場からどのように評価されるか、本格的に市場導入する前に果たして売れるのかどうかを、ターゲットとなるユーザーの声を聞く事業で、同社のニーズにマッチした支援施策でした。

支援内容

販路開拓コーディネート事業の第1段階は、チーフアドバイザーとともに行うマーケティング企画のブラッシュアップです。業務用カット野菜といっても種類、荷姿等はさまざまです。当初は何を対象とするのか、ユーザーにプレゼンするにはどのような資料を準備すべきかなど同社にはわからないことが多くありました。そこで、チーフアドバイザーと相談して、まず対象野菜と品質評価基準を明確にし、ターゲットは(1)小売向け包材、(2)外食向け包材の2分野に設定することとしました。

同事業の第2段階は、支援を受ける企業が販路コーディネーターとともにアプローチ先に出向き、市場の声を訊く仮説の検証です。その結果、小売向け包材として鮮度保持を「製造日+4日保存品」で評価したところ、現行の包材との明らかな差は認められませんでした。

外食向け包材では、1社は充填量が大きく脱気包装するために包材の耐ピンホール性が重要視され、ベルグリーンワイズの開発品はその基準に達していませんでした。しかし、セントラルキッチンから店舗への流通用として青ネギで保存試験をしたところ、現行品に比べ同社の開発品に一定の差が認められました。

しかし、価格は小売用、外食用とも既存品に比べ高いことから、コストダウンが必要であることが明らかになりました。特にセントラルキッチンから店舗への配送用としては、店舗での廃棄ロスの低減が大きな課題であるため、具体的数値を提示することで、採用の可能性が高くなることがわかりました。

支援の結果と今後の展開

支援終了後、同事業の活動の中でアプローチした外食チェーンから、カットした千切りキャベツの店舗配送用包材としての採用が決定しました。ニーズを的確に掴むことで、販路開拓が可能になることを学んだ結果といえます。

また、コスト面、品質面でさらなる改良が必要であることも明らかになりました。

今後は用途別、野菜別にフィルム構成を検討し、ニーズにあった新製品を開発することで、新たな販路開拓に繋げていきたいと考えています。

お問い合わせ先
(独)中小企業基盤整備機構 関東本部 経営支援部 マーケティング支援課
TEL:03-5470-1638

このページの先頭へ