本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2013年]

「UVニス圧着開封ハガキ」で経営の革新を図る印刷業者【一誠堂】

[その他|三重県]専門家派遣なしなし

企業概要

株式会社一誠堂は、豊かな自然や悠久の歴史を持つ三重県亀山市において、大正10(1921)年に創立され、地元の顧客に支えられながら古くから事業を営む印刷業者です。

本社外観本社外観 工場外観工場外観

中小の印刷業者は全国的な傾向として厳しい経営環境に置かれ、同社も決してその例外ではないものの、その状況を打開すべく「UVニス圧着開封ハガキ」を商業ベースへ乗せることに成功し、これを持って「経営革新計画の承認」を取得して、一層の飛躍を目指しています。

UVニス圧着開封ハガキとは、印刷されたハガキにUVニスを塗布して圧着するもので、UVニスを塗布することによって表面に光沢が生まれるとともに軽量であり、燃焼しても有毒ガスが発生しないことから分別せずに燃えるゴミとして廃棄できるという特徴があります。

現在、広く使用されている圧着ハガキは、大きく2つのタイプに分類されます。1つはDMなどで広く使われているもので、印刷されたハガキにフィルムを貼り付けるものです。これはフィルムを貼り付けることから、UVニス圧着開封ハガキよりも光沢は出るものの、ハガキ自体が重くなる上にフィルムが貼られた状態では、紙類として廃棄しがたい性質があります。

もう1つは官公庁などで多く使用されている開封ハガキで、先糊式圧着方式と呼ばれて糊付け上質紙がベースとなり、DM向けのカラー印刷にはそぐわないという性質があります。

ちなみに同社のUVニス圧着開封ハガキを加えた3タイプの比較では、コスト的には「UVニス圧着開封ハガキ」が最も安くなっています。

専門サイトロゴ

専門サイトロゴ

なお、同社では「圧着ハガキ.com」という専門サイトを開設し、商圏を全国に広げています。当サイトは大手検索エンジン2社の両方で「圧着ハガキ」を検索した場合、トップに表示(出稿サイトをのぞく)されています(平成24年8月調べ)。

企業名 株式会社一誠堂
代表者名 米川 孝一 従業員数 25名
資本金 2,000万円 売上高 非公開
住所 三重県亀山市本町3-14-6
電話番号 0595-82-2331
主要製品 印刷・デザイン・製本加工

制度を利用するきっかけ

コストや環境へ与える影響の小ささに優れた「UVニス圧着開封ハガキ」を商業ベースへ乗せることに成功したことから、これを用いて一層の飛躍を図りたいと考えていたところ、経営革新計画の承認申請に思い至りました。

ただし、同社独力では、経営革新計画の作成から承認申請まですべてを手掛けることに困難をともなったことから、みえ中小企業応援センター四団体のうちの1つである三重県中小企業団体中央会のアドバイスを経て、専門家派遣の利用に繋がりました。

支援内容

支援内容としては、専門家派遣による現地訪問並びに複数回にわたる企業ヒアリングを経て経営革新計画、申請書作成の支援を受け、最終的には三重県より承認を得るに至りました。

広く一般的に中小企業では、数値計画を織り込んだ経営計画の策定を行うことに対して苦手意識を持っているケースが多く、計画策定のための人員を充てるにも多忙で、その実行には困難をともないます。支援時の同社もまさにその状態ではありましたが、経営革新計画、申請書作成に向け全社をあげて取り組んでいきました。

しかし一方、同社では商品力が高い「UVニス圧着開封ハガキ」を商業ベースへ乗せることに成功したことにより、これを飛躍のための起爆剤として位置付け、1つの具体策として経営革新計画の承認申請に思い至ったものの、上記のとおり経営計画の策定が不慣れでした。一般論として、経営者の頭の中で構想されている今後の事業展開について、現実感のある数値に落とし込んだ上で、客観的かつ冷静な視点で将来を見据えることは、企業規模に関係なく経営の舵取りを行っていく上で非常に重要となります。

よって、専門家派遣による支援を受けながらでも、損益計画、投資計画、資金調達計画を含めた中期の経営計画「経営革新計画」を策定することは、同社に限らず中小企業にとってはメリットが大きいと考えられます。

支援の結果と今後の展開

専門家派遣を利用することによって、経営革新計画の申請書作成の支援を行った結果、同社が作成した経営革新計画は無事に承認を得ることができました。

一般的には業況が厳しいと認識されている中小印刷業界において、先を見据えて「UVニス圧着開封ハガキ」を商業ベースに乗せるための開発に取り組み、それを見事に成功させて経営革新計画に結び付けた経営姿勢(手腕)は、業種・業界を問わず全国の中小企業者にとってよき見本になるものと思われます。

お問い合わせ先
みえ中小企業応援センター
TEL:059-271-5780(公益財団法人三重県産業支援センター)

このページの先頭へ