本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2013年]

精密切削加工技術を武器に世界に羽ばたく【由紀精密】

[金属|神奈川県]資金援助・債務保証その他なし

企業概要

由紀精密は、昭和25(1950)年に神奈川県茅ケ崎市で創業した金属切削加工メーカーです。創業時は、ねじなどの小型金属部品の量産から始まり、電子部品や電子機器部品の切削加工、そして現在では高度な技術が求められる宇宙・航空向けや、医療向けの精密切削まで手がけています。

精密加工技術力を要するインコネルメッシュ精密加工技術力を要するインコネルメッシュ ロボット部品の微細加工ロボット部品の微細加工

創業後はバブル経済の崩壊などの影響を受けつつも、品質の高さや納期の厳守など地道な取組みで大手企業からの信頼を得て、着実に成長してきました。しかし、2000年代に入るとITバブル崩壊や大手企業が海外で部品の調達を開始するなど、他の国内下請け企業と同様に、数社の大手企業に依存してきた同社にとっては厳しい時代となりました。

大坪正人・常務取締役

大坪正人・常務取締役

そこで同社は下請け企業からの脱却を図るべく、自社ブランドの構築、営業ツールとしてのウェブサイトの活用、国内外の展示会への出展、技術力向上に向けた難易度の高い切削加工への挑戦、航空・宇宙産業の品質基準であるJISQ9100取得といった品質管理のさらなる強化など、会社変革の施策を次々と打ち出し実行しました。平成18(2006)年には、3代目になる大坪正人常務取締役が同社に入社し、社長とともに変革を推し進めました。

その結果、数社だった取引先が国内外約300社へと拡大したほか、今後も精密な切削技術の需要が見込まれる宇宙・航空および医療の新分野への進出が実現しました。

さらにはフランスにも支社を設ける計画が進んでいます。現在では、同社が長年にわたって培ってきた精密加工技術だけではなく、試作品の開発段階から製品の納品までの一貫した提案力で顧客からの信頼を得ています。

企業名 株式会社由紀精密
代表者名 代表取締役社長 大坪 由男 従業員数 20名
資本金 2,000万円 売上高 2億4,000万円
住所 神奈川県茅ヶ崎市円蔵370-34
電話番号 0467-82-4106
主要製品 宇宙・航空部品、医療機器、一般精密機械部品

制度を利用するきっかけ

由紀精密は、自社の競争力を高めるため、精度の高い切削加工を可能にし、製作プロセスを効率化する取組みを行いました。そのためには、既存のソフトウェアの更新や検査測定装置、3D CAD・CAMの設備投資が必要となります。

そこで同社は、新技術開発等の経費の一部負担がある「神奈川県中小企業新商品開発等支援事業補助金」の利用を検討しました。

支援内容

由紀精密は、生産システム開発のための神奈川県中小企業新商品開発等支援事業補助金を活用したほか、海外展示会出展支援の活用、さらには中小企業IT経営力大賞2012に応募し、優秀賞(ITコーディネータ協会会長賞)を受賞しています。

1.経営革新計画の認定および神奈川県中小企業新商品開発等支援事業補助金の活用
 由紀精密は、平成19年に神奈川県より経営革新計画の認定を受けました。これは、神奈川県中小企業新商品開発等支援事業補助金の応募条件となっていたためです。神奈川県中小企業新商品開発等支援事業補助金の募集締め切りが目前に迫っていたため、同社は短期間で経営革新計画を策定しなければなりませんでしたが、無事、経営革新計画の認定を受けることができました。
 その後、神奈川県中小企業新商品開発等支援事業補助金に応募し、同社の「超高精度複合加工部品の自動量産システムの開発」 を対象とした補助金の交付を受けることができました。同社はこの補助金を利用し、必要な設備投資を行うことができました。

2.ジェトロによる展示会出展支援
 同社は、平成23年に海外展示会出展の第1弾として、米国で行われた医療機器部品展示会MD&M Westに出展しました。ジェトロが日本企業の出展を募っていたジャパンパビリオンに出展することで、出展料は通常の価格より安価な中小企業向け料金が適用され、費用の負担が軽減されました。

3.中小企業IT経営力大賞2012にて優秀賞(ITコーディネータ協会会長賞)を受賞
 取引先を順調に拡大してきた結果、同社の生産形態が多品種少量受注生産となり、その生産工程の管理や事務が複雑かつ膨大になりました。そこで同社は、増員して管理スタッフを配置させる代わりに、同社の業務フローにあった独自のITシステムを外部の協力も得ながら開発することで対応しました。このITシステムの構築が評価され、中小企業IT経営力大賞2012にて優秀賞(ITコーディネータ協会会長賞)を受賞しました。

支援の結果と今後の展開

開発助成金の応募を目的に作成した経営革新計画ですが、多少の遅れはあるものの計画目標どおりに同社は業績を伸ばしています。

また、ジェトロ展示会出展支援によるMD&M West出展をはじめとした海外展示会の出展などにより海外進出を進めてきた結果、航空・宇宙産業が盛んなフランスにビジネスチャンスを見出しました。

今後は同社の強みである高度な切削技術や短納期を武器に、フランスに現地子会社を設立して、欧州における同社事業を加速させます。

お問い合わせ先
神奈川県産業技術センター 技術支援推進部 商品開発支援室
TEL:046-236-1500

独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)
TEL:03-3582-5511

特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
TEL:03-6912-1081

このページの先頭へ