本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2013年]

創意工夫による独自の印刷技術をブランド化【ダイヤ工芸】

[その他|神奈川県]その他なしなし

企業概要

周囲に文字や模様を連続印刷

周囲に文字や模様を連続印刷

ダイヤ工芸は、昭和46(1971)年に創業したプラスチック総合2次加工メーカーです。同社は、ホットスタンピング加工やシルクスクリーン・PAD印刷において高い技術力を有しています。

創業当時は大手企業の孫請けが中心でしたが、同業者が嫌がる難易度の高い印刷でも果敢に受注していきました。「お客様の求めるものをなんとか提供できないか」と印刷技術に創意工夫を重ね、技術力を強化するうちに、大手企業からパソコンや携帯電話関連部品の印刷を直接受注するようになりました。これらの取組みにより、顧客企業からは「駆け込み寺」と評されるまでに信頼を獲得し、順調に業績を伸ばしてきました。

しかし、リーマンショックを機に状況が一変しました。それまで売上の多くを依存してきた大手企業からの受注が激減しました。これまで、積極的な営業活動を行わなくても紹介などで安定的に受注があった同社にとって、大手企業からの受注減は大きな痛手となりました。

そこで、かねてから開発を進めてきた3次元・多面体・オーバル体印刷技術をNC装置メーカーと共同で開発しました。この技術は、これまで複数の工程が必要だった多面体等の印刷を単工程で行うことができるというものです。これにより、単納期、低コスト、そして不良率の低減が可能になりました。また、繊細なデザインで高い印刷技術を要する化粧品容器などの印刷にもこの技術が応用されています。

現在、日本市場では印刷のロットの大きな量産が見込めず、利益を確保することが困難になりつつあります。一方、日系企業が多く進出するアジア市場では多量の受注が見込めるため、同社は海外進出を決め、平成24年にベトナムに子会社を設立しました。

筒状に模様が印刷されたビン筒状に模様が印刷されたビン 石塚勝会長(左)と石塚博臣社長石塚勝会長(左)と石塚博臣社長
企業名 ダイヤ工芸株式会社
代表者名 代表取締役社長 石塚 博臣 従業員数 46名
資本金 1,000万円 売上高 2億5,000万円
住所 神奈川県川崎市高津区蟹ヶ谷119番地
電話番号 044-754-6381
主要製品 シルクスクリーン印刷、PAD印刷、楕円体・三次元多面体印刷、ホットスタンピング

制度を利用するきっかけ

新たに開発した同社の3次元・多面体・オーバル体印刷技術が、マスメディアに取り上げられたことがきっかけです。その際、同社の印刷技術が川崎産業振興財団の目にとまり、かわさき起業家選抜オーディションへの出場の誘いを受けました。

支援内容

ダイヤ工芸は、平成21年にかわさき起業家選抜オーディションで優秀賞を受賞し、また平成22年には川崎ものづくりブランドの認定を受けています。

1.かわさき起業家選抜オーディションにて優秀賞受賞
 川崎産業振興財団からの勧めもあり、かわさき起業家選抜オーディションに、3次元・多面体・オーバル体に単工程で印刷する技術をビジネスアイデアとして応募しました。 このオーディションでは、書類審査、面接審査、最終選考会としてビジネスアイデアの発表による3段階の審査があります。このようなオーディションを受けるのは初めてであった同社は、社内一丸となって必要書類やサンプル製品、プレゼンテーションの準備を行いました。最終選考会には社員の多くが応援に駆けつけるなど、オーディションへの出場は、社内の活性化にもつながりました。
 オーディション出場の結果、同社はかわさき起業家優秀賞のほか、川崎商工会議所会頭賞、会場応援賞の3つの賞を受賞することができました。

2.川崎ものづくりブランド認定
 かわさき起業家選抜オーディション優秀賞を受賞した翌年には、川崎ものづくりブランドの認定を受けました。こちらは、かわさき起業家選抜オーディションで受賞したことで、川崎商工会議所より川崎ものづくりブランド申請の勧めを受けました。
 川崎ものづくりブランドでは、かわさき起業家選抜オーディションで受賞した印刷技術をさらに進化させた、曲面体・多面体スクリーン一発印刷「曲面インプレッソン」が認定されました。

支援の結果と今後の展開

かわさき起業家オーディションの優秀賞受賞や、川崎ものづくりブランド認定を受けたことで、マスメディアによる取材が増え、ダイヤ工芸の知名度が大幅に向上しました。

また、川崎ものづくりブランド認定をきっかけに、受発注商談会や展示会に初めて出展しました。その結果、新規顧客との取引を開始することができました。

今後は生産拠点を立ち上げたベトナムにおいても、同社オリジナルの高度な印刷技術による量産を開始する予定です。

お問い合わせ先
公共財団法人川崎市産業振興財団
TEL:044-548-4111

川崎商工会議所中小企業振興部
TEL:044-211-4114

川崎市経済労働局産業振興部工業振興課
TEL:044-200-2326

このページの先頭へ