本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2013年]

老舗小売業が卸売業へ多角化展開【バラエティストアーカマニ】

[小売・卸|埼玉県]専門家派遣なしなし

企業概要

バラエティストアーカマニ店頭

バラエティストアーカマニ店頭

創業170年(平成24年11月現在)を迎えた有限会社バラエティストアーカマニは、埼玉県吉川市で総合小売店を運営しています。もともと江戸時代にお酢の製造小売業として発祥し、時代の変化に合わせて、問屋業や荒物の小売販売などと代々事業内容を変えて現在に至ります。

最寄駅より徒歩15分の場所に立地された店舗は47台が収容可能な駐車場を備え、360坪の店内には衣料品、寝具、日用品、家庭用品、食品、化粧品などが取り揃えられています。その中でも衣料品の品揃えは金額換算で全体在庫の約40%を占めており、さらにその80%は50代以上の婦人向けのものとなっています。

同店は長年、地域密着をモットーに事業展開を進めてきており、老若男女といったあらゆる顧客層に商品を提供し、支持を得ようとしてきました。しかし、近隣に大手の競合店舗が進出したことを受け、現在は50代以上の婦人層をターゲットとした戦略にシフトしつつあります。

現社長は6代目であり、その子息である店長の田中教成氏は他社ドラッグストアで6年間の修行を積んだ後、平成11年に後継者として同社に入社し、さまざまな改革に取り組んできました。

現在、田中店長を中心に店頭販売だけではなく、中高年の婦人層を主要顧客とする地方小売店へインターネットを活用した衣料の卸売を企画しています。さらには介護施設にアプローチをして、当該施設に入居している高年齢者への出張衣料販売も実施していく予定です。

季節感を訴求季節感を訴求 大きいサイズも取り揃えている大きいサイズも取り揃えている
企業名 有限会社バラエティストアーカマニ
代表者名 田中 康夫 従業員数 32名
資本金 3,000万円 売上高 2億6,037万円(直近決算)
住所 埼玉県吉川市平沼1-13-15
電話番号 048-982-0027
主要製品 衣料品、寝具、日用雑貨、家庭用品、食品

制度を利用するきっかけ

店長の田中氏は平成23年10月、経営に関する知識・スキルを向上させるために八潮市商工会主催(吉川市商工会共催)のセミナー「経営革新塾」に参加しました。日頃から新規性のある取組みを模索していた田中氏は、自社に経営革新を起こすための計画を立案したいという想いを強くし、その後、個別相談会を経て吉川市商工会の中小企業支援ネットワーク強化事業を活用し、専門家のサポートを受けつつ経営革新計画を作成することとなりました。

支援内容

田中店長は当初、長年取り組んできた地域密着というテーマを今以上にどのように深めていくかという観点で経営革新計画の内容を考えていました。しかし、専門家との相談を進め、同店の強みを活かせる領域などの環境分析を行った結果、地域密着以外の観点からも経営革新のテーマを検討する必要性に気づきました。

 そこでまず、小売以外の業態を模索した結果、中高年婦人層を主要顧客とする地方の小売店に対してインターネットを活用した卸売を行うこととしました。

地方の小売店が大都市圏の業者から仕入れを行う場合、多くはインターネットを活用して直接仕入れるわけですが、数着では仕入れることができず、一定のロット数をまとめる必要があります。

そこで同店が一定のロット数で仕入れ、それをインターネットで小分けする形で地方小売店へ卸売を行うことにより、地方の小売店やその小売店を利用する中高年婦人層のニーズを満たすことができると考えました。

この取組みを経営革新計画として立案し、平成24年3月には埼玉県に経営革新計画の承認を申請し、県知事の承認を受けるに至りました。

さらに店頭販売以外の販売形態を模索した結果、同店のターゲット顧客と介護施設入居者が重複すること、販売効率を重視する大手小売は介護施設への訪問販売は積極的に行いにくいことがわかりました。そこで田中店長は介護施設と提携し、同店が当該施設へ訪問し、施設内に居住する高齢の方々に対して衣料販売を行うこととしました。

支援の結果と今後の展開

インターネットで卸売をするにあたり、まずは、ツイッター、ブログを立ち上げました。さらに平成24年11月にはバラエティストアーカマニのホームページも立ち上げる予定であり、インターネットで告知を行う環境整備が進みました。

また、インターネットという仮想空間で卸売を行うにはまず店頭でのリアルな対面販売が充実していなければならないという考えから、接客に関する顧客アンケートを実施した結果、従業員の接客に関する意識が高まり、朝礼などで意見が活発に出るなど組織の活性化が促進されました。

お問い合わせ先
吉川市商工会
TEL:048-981-1211

このページの先頭へ