本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2013年]

英語で「つながりの場」を提供するコミュニティ・カフェ【Cafe coen(カフェ コーエン)】

[サービス|北海道]専門家派遣相談・アドバイスなし

企業概要

明るい雰囲気の店内

明るい雰囲気の店内

Cafe coen(カフェ コーエン)は、札幌市営地下鉄・大谷地駅の駅前にあるという好立地に所在するコミュニティ・カフェです。
 オーナーのマーク・ボーマン氏は、以前から自宅を開放し、コミュニティづくりに尽力していたところ、知人のカフェを開いてみたいという希望があったこともあり、その希望を取り入れ、現在の店舗を平成19年に出店しました。
 現在の主なサービス内容は、英会話教室、自家焙煎のコーヒー、デザート、週替わりランチメニューなどの飲食です。
 特に、英会話教室は、幼稚園入園前の親子向け、個人レッスン、討論形式のディスカッションといったクラスを設けており、大変好評を得ています。
 講師陣もネイティブ・スピーカー、または海外での留学経験のある国際的な言語教育関連の学会にも参加されるプロフェッショナルというように粒ぞろいです。
 店舗インテリアは木目を基調にした落ち着いた雰囲気で、日差しが差し込む温かみのあるもので、何時間も滞在するお客様もたくさんいらっしゃいます。また、キッズスペースも設けられており、親子連れでも安心して利用できます。
 ここ最近では、夏休み期間を利用したアメリカからの留学生に店舗内にある一室を貸し出し、一時的な滞在場所として提供するなど新しい活動も始めています。
 また、飲食のスタッフも生きた英語を学ぶかたわら、コミュニティづくりの一役を担っています。
 同店舗のお客様は、年齢・国籍が多種多様な方々が集まっているため、オーナーの目指すコミュニティを実現されているといえます。

子どもたちに人気のキッズルーム子どもたちに人気のキッズルーム スタッフが自ら考えるフードメニュースタッフが自ら考えるフードメニュー
企業名 Cafe coen (カフェ コーエン)
代表者名 マーク・ボーマン 従業員数 2名(そのほかパート従業員、英会話講師)
資本金 200万円 売上高 578万円
住所 北海道札幌市厚別区大谷地東3-1-1
電話番号 011-895-3915
主要製品 飲食・英会話レッスン・貸会議室など

制度を利用するきっかけ

近隣に住んでいる「中小企業支援ネットワーク強化事業」の派遣専門家がプライベートで同店を訪れた際、偶然職業の話となり中小企業診断士であることがわかったため、具体的な相談をしたいという要望がオーナーから出されました。
 そこでネットワーク事業という枠組があるので、そちらを利用することを提案され、オーナーが了承し、支援が開始されることになりました。
 後日、ネットワークアドバイザーと派遣専門家の訪問を受け、3回の支援が約束されました。

支援内容

初回の訪問においては、現状のヒアリングが行われました。 オーナーは、新しい店づくりを目指して、コミュニティを永続させる仕組みづくり、スタッフ増員に向けた売上高の拡大、入りやすい店舗づくりを課題として挙げました。 そのためにはまず今までの活動内容を棚卸しした上で、これからの目指すべき目標を明確にして、店舗コンセプトを打ち出し、スタッフ全員で共有することが大事であることが伝えられました。
 2回目の訪問では、前回の内容を引き継ぎ、コンセプトの立て方、さらにはいかにしてそれを具体的にサービスや店舗運営に役立てていくかが協議されました。
 その際、明確なコンセプトが中心的な柱として存在し、それを取り巻くようにサービス・商品・スタッフの接客があることが認識されました。
 その中でコンセプトと商品・サービスとを相互に検証していく重要性も伝えられました。
 その後、オーナー・スタッフ間でレクリエーションを兼ねて合宿を行い、検討の機会が設けられました。週替わりのフードメニューをスタッフ自ら開発するなど、具体的な今後の施策も話し合われ、少しずつ実行に移される段取りも組まれました。
 最後の3回目の訪問ではコンセプトが具体的に固まり、「つながりの場」という支柱が立てられました。これは、オーナー・スタッフの目指すべきところとして、また、東北地方の大震災があったこともあり、高い志とともに共有されることができました。
 また、同店舗の潜在顧客層、組織体制などについても打合せがされ、支援を継続する約束がされました。

支援の結果と今後の展開

今日では、各地でコミュニティ・カフェがオープンしていることもあり、特徴を前面に打ち出さないと差別化が図りにくいながらも、同店舗は売上高が前年同期比160%強伸長しています。さらには来店客数が増大し、また滞在時間も長くなるなど店舗運営も好調です。
 今後はより地域に根ざし、お客様に心地よい空間を提供して、コミュニケーションが活発化できる仕掛けづくりをしていくなど、コミュニティの中心的な存在にしていきたいと考えています。

お問い合わせ先
一般社団法人北海道中小企業診断士会
TEL:011-241-8556

このページの先頭へ