本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2013年]

デリバリーシステムの導入による次世代農家レストランへの新たな展開【ジェイファーム】

[農林水産|山形県]相談・アドバイス研修・セミナー情報提供

企業概要

株式会社ジェイファームは、アイガモ栽培の天日干し「つや姫」や特別栽培米の「こしひかり」等、20町歩を栽培している農業生産法人です。平成8(1996)年からは先駆的な農家レストランとして自家製野菜を使った「穂波街道」を経営しており、平成19年11月に経営革新支援法を活用し、次世代農家レストラン「緑のイスキア」として新たな事業展開に向けた取組みを始めました。

寒い季節、暑い季節に来店してくださるお客様ほどありがたいものはありませんが、田園風景の広がる中の店舗の前には何台かの宅配用バイクが並びます。このことは、経営革新を進めることにより待ちの商売から攻めの商売へという経営者の大きな決断がうかがえます。なぜなら、一定の配達品質を保つためにデリバリーシステムの導入を図ったからです。

同店では、ナポリピッツァ専用の薪釜を店舗中央に配し、本場ナポリ・イスキア島等の世界屈指の職人のもとで修業した後継者が1枚ずつピッツァを焼き上げます。同店は、イタリア政府公認「真のナポリピッツァ協会」の定める厳正な基準・条件と審査をクリアしたことにより、東北で1番目に同協会認定証を取得しました。ピッツァの材料にはナポリから空輸した小麦粉とモッツァレラチーズを使用することで、ピッツァはゆるぎない本場ナポリの味となっており、さらには自家製ハーブや野菜をふんだんに使用することによって地元ならではの風味が添えられます。

このほか米粉を活かしたシフォンケーキやドレッシングなど、手作り商品の開発も積極的に進めており、地元のおしゃれな女性客から支持を得ています。

おしゃれな店内おしゃれな店内 地元食材を生かした豊富なスイーツ地元食材を生かした豊富なスイーツ
会社名 株式会社ジェイファーム
代表者名 代表取締役 庄司 渡 従業員数 正社員5名、通年雇用パート15名
資本金 1,000万円 売上高 7,400万円(平成23年)
住所 山形県鶴岡市羽黒町押口字川端37-7
電話番号 0235-23-0330
主要製品 農業生産・飲食業(イタリア料理)
窯焼きピッツァ・パスタ・スィーツ

制度を利用するきっかけ

農業生産者としての経営から企業的な経営へ向け日々努力を重ねていたとき、地元商工会で行われた経営革新塾に経営者夫婦で参加する機会を得ました。経営者として事業の発展的な継続は、自社を応援してくださるお客様への期待に応えることとなります。「経営革新」は経営者として必ず出会う課題の1つです。新たな事業展開への可能性を求めて、経営革新支援法の認定を目指したいと考えたことがきっかけです。

支援内容

同社への支援は、商工会を窓口とした経営革新計画づくりのサポートでした。このサポートは、農業生産者からレストラン経営者へと成長する中で、新しいステージへ移行する転機となりました。地元の競合レストランが増える中で、オンリーワンとしてのポジションをあらためて見直し、さらに磨き上げるための模索をしているという状況において、計画づくりが進められました。山形県を4分割した1つのブロックである庄内平野は、山あり川あり海ありといった豊富な環境資源に恵まれた地域です。美味しい食材はあって当たり前という立地の中で、お客様から「美味しい」「また来たい」と感じていただくためには目に見えない多大な経営努力が要求されます。

経営革新塾の活用により、基本的な財務諸表の知識やマーケティングに関する知識などを獲得しながら、実際の経営をするにあたっての新しいコンセプトづくりを、何人かの専門家を交えて進めていきました。

後継者である長男の庄司建人氏が、Uターンするというタイミングも重なり、新たな人材、新たなコンセプトと共にデリバリーシステムを導入し、ひと・もの・金という必要な経営資源獲得のためのサポートが行われました。

支援の結果と今後の展開

経営革新計画を策定したことにより、金融機関からの信用度が高まったことが大きな成果だったと考えられます。具体的な経営計画を金融機関に提示することにより、希望した融資を得ることができました。また同時に3年間で黒字化できた点も大きな成果でした。

平成23年には補助事業等を活用した事業展開を図ったことにより、その結果として、平成24年に日本製紙クリネックススタジアム宮城へ「赤のイスキア」を出店できたことがあげられます。仙台圏からの集客といった効果もあり、今後が期待されるところです。

お問い合わせ先
出羽商工会
TEL:0235-64-2130

山形県商工会連合会
TEL:050-3540-7211

このページの先頭へ