本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2013年]

「汚れ」を徹底的に落とす「エコロビーム」の開発により全国展開を目指す【やおき】

[サービス|山梨県]専門家派遣相談・アドバイス研修・セミナー

企業概要

現場・従業員重視経営にこだわる藤本恭司社長

現場・従業員重視経営にこだわる藤本恭司社長

株式会社やおきは、藤本恭司社長の父親の代から、長らく自動車板金塗装・修理業に従事してきました。それゆえ、藤本社長は、同業界を取り巻く新規開業者の増加による競争激化と低価格化の進展および同業界に対する需要の低下、つまり「へこみ」「キズ」を直さないドライバーの増加等の問題に強い危機感を持っていました。そして、このような状況を克服するには、手持ち技術の応用で新たな分野を切り拓くしかないと考えていました。

そのような時、自動車板金塗装の技術に重曹ブラストを組み合せた、新しい洗浄技術を発案しました。この技術は、オリジナルブレンドの重曹を高温水とともに高圧ノズルで噴射し、汚れを研磨剥離するものです。また、洗浄する対象に合わせ、重曹量や圧力を調整すれば、広範囲な構築物や建物の洗浄が可能となります。同社では、これを「エコロビーム」と名付け、商標登録をしました。平成23年からはこの技術のフランチャイズ(FC)化を行い、平成24年現在で6社が加盟、3社が検討中です。

同社は平成21年に経営革新計画の承認を受け、これを契機として藤本社長自らが学ぶことの大切さを自覚し、平成22年には大月市商工会主催の経営革新塾(創業人材等育成事業)を受講、社長自らホームページ(HP)を制作できるようになりました。そして、ウェブ活用による受注確保や自社PRおよびFC加盟事業所の募集のすべてを自前で行っています。

株式会社やおき社屋株式会社やおき社屋 エコロビームによる墓石の洗浄作業エコロビームによる墓石の洗浄作業
企業名 株式会社やおき
代表者名 藤本 恭司 従業員数 5名
資本金 300万円 売上高 4,500万円
住所 山梨県大月市大月町花咲557番地
電話番号 0554-22-1221
主要製品 自動車板金塗装・修理及びエコロビームによる洗浄事業

制度を利用するきっかけ

藤本社長は大月市商工会青年部副部長として活躍していました。ある時、同商工会の経営指導員にエコロビームの話をしたところ、それは経営革新計画の承認の対象になるとの説明を受けました。また、山梨県商工会連合会の地域力連携拠点事業を紹介され、中小企業診断士や弁理士などの専門家派遣を受け、平成21年には経営革新計画の承認を受けるとともに、併せて実用新案、商標登録などを行うことができました。身近な商工会に話をしたことが今回の成果に結びつきました。

支援内容

大月市商工会では、以前からやおきの経営上の諸課題の解決のため、相談に乗ってきました。時には必要に応じて、山梨県商工会連合会の旧・地域力連携拠点事業を利用して、専門家の派遣を依頼しました。そして同社に対して、中小企業診断士や弁理士の派遣を受けながら経営革新計画の作成段階から申請、重曹ブラスト工法の実用新案の申請から登録およびエコロビームの商標権の申請から取得までさまざまな支援を行いました。

また、同社の経営力強化、ウェブ活用対策として平成22年には経営戦略研究会(年9回開催)や経営革新塾(年5回開催)への参加を呼びかけました。藤本社長はこれらすべてに参加し、経営に対する視点を大きく変化させるとともに、ムーバブルタイプ(MT)のHPを自分で制作できるまでになりました。

さらに大月市商工会では、韮崎市商工会が主宰するポータルサイト「風林火山ビジネスネット(FBN)」への加盟をアドバイスしました。そして、加盟と同時にFBN加盟の若手経営者を紹介し、これにより社長の人脈が一挙に拡大しました。

平成21年に同社は経営革新計画の承認を得たものの、なかなか仕事の受注に結びつきませんでした。しかし、ウェブ技術の習得や新たな人脈形成等、社長の経営努力の結果、エコロビーム事業は平成23年から軌道に乗り始めました。

  • 「経営革新計画承認申請のご案内」(山梨県)
  • 「経営革新塾(大月市商工会が、全国商工会連合会の創業人材等育成事業を受託して開催)」(全国商工会連合会)
  • 「経営戦略研究会」(大月市商工会)

支援の結果と今後の展開

平成23年から、HPの効果と新たな人脈を通じて大きな受注を獲得できるようになり、FC加盟者も増えてきました。平成24年には東京芸術劇場の外壁洗浄工事を受注しています。

従来の事業による売上は年々低下していますが、エコロビーム事業の売上で十分カバーできるようになっています。平成24年の目標は、FC加盟事業所の増加とエコロビーム事業売上高の対前年比30%アップです。 また次のステップとしてカスタムメイドの軽トラックの販売事業も模索中です。

お問い合わせ先
大月市商工会
TEL:0554-22-1648

このページの先頭へ