本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2012年]

100%廃プラスチックを用いたコンパネの代替財「リプラウッド」の販路開拓【アイテクノス】

[その他|三重県]コーディネート(TLO等)なしなし

企業概要

サイズとカラーのバリエーションが特徴です

サイズとカラーのバリエーションが特徴です

株式会社アイテクノスは、コンクリート2次製品を中心とした建設資材の製造販売業です。公共事業関連の需要低迷から、新たな事業分野の創出が課題となっていました。そこで考えられた事業が、100%廃プラスチックを原料としたプラスチックボード事業でした。大手の材料供給パートナーと技術開発パートナーの協力を通じて事業を立ち上げることができました。

既存の木製合板(コンパネ)と比較した本商品(リプラウッド、写真1)の特徴は、水に強いため、腐りにくく、錆びにくく、そしてリサイクル可能な点です。そのため、商品の用途は多方面にわたります。例えば、建設用のコンクリート型枠の代替財をはじめ、工場内通路、引っ越し通路、トラック荷台等の養生用途から植物用プランター、ベンチ、掲示板など幅広く存在します。

ただし、これらの市場領域は、代替財を含め競争が激しい市場環境にあります。同社もさまざまな市場分野に対し、展示会に出展するなど、営業推進を図ってきました。しかしながら、単発で受注を獲得することはできても、経営の柱となる事業として確立すべき方向性を見いだせずにいました。「リプラウッド」を使用する必然性が高いニッチな市場領域を創造することが、事業を成功に導く課題となりました。

ターゲットとする市場領域をどこに絞り込んだらよいか。その市場は同社の強みが活かせる市場かどうか。原点に返ってマーケティングプランを見直す必要性がでてきました。

子豚の保育箱に活用(12ミリ厚)子豚の保育箱に活用(12ミリ厚) 鶏舎の天井に活用(3ミリ厚)鶏舎の天井に活用(3ミリ厚)
企業名 株式会社アイテクノス
代表者名 奥岡 保二 従業員数 32名
資本金 1,000万円 売上高 非公開
住所 三重県いなべ市員弁町東一色2140-1
電話番号 0594-74-4011
主要製品 コンクリート二次製品、オイルメンテナンス事業

制度を利用するきっかけ

中小機構中部本部で開催された、販路開拓コーディネート事業の出張相談会に、奥岡保二社長と佐藤専務が参加しました。マーケティング企画の見直しと、首都圏での市場開拓に取り組みたいという強い希望がありました。リプラウッド事業の責任者である佐藤専務は、市場の絞り込みやプレゼンテーション資料の作成等、マーケティング企画のブラッシュアップに意欲的に取り組み、同事業の採択に至りました。

支援内容

近隣の養豚事業者から「リプラウッド」を試しに使用してみたいという要望があり、数枚を納品しました。養豚、養鶏施設にニーズがあると感じた佐藤専務は、県内の事業者にダイレクトメールを送りました。その結果、3社ほどから問い合わせがあり、受注を得ることができましたが、事業者がどのような目的で、どのように「リプラウッド」を使用しているかについて、佐藤専務はその詳細な情報を入手していませんでした。

このようなことから、支援の第1段階は納品済みの養豚、養鶏施設の現場調査と、競合商品調査をお願いしました。調査結果として2つの市場機会があることがわかりました。それは、(1)保育箱には12ミリ厚を、施設の天井には3ミリ厚など、用途によって商品の厚さが選べると無駄なコストが削減できること(写真2、写真3)、(2)ブランド豚を扱う事業者には商品のカラーバリエーションニーズがあることです(写真1)。厚さとカラーのバリエーションは、競合商品にはない同社独自の強みであったため、以上2点を中心軸に置き、ターゲット市場の絞り込みと説明資料のブラッシュアップを実施しました。

第2段階では、3名の販路開拓コーディネーターとともに7社、計8回の同行訪問を行い、仮説を検証しました。他社と差別化した「厚さとカラーのバリエーション」について、使用の目的別に選ぶことができること、畜舎の明るさを保持できることなどを理由に、好評価を得ました。

支援の結果と今後の展開

第3段階は、仮説の評価と今後の方向性についての提言です。支援結果として首都圏の資材商社から4トン車1台分の受注を獲得し、その後リピート受注につながりました。また、養豚業界に影響力のある企業とのネットワークづくりができました。

今後の展開としては、卸売業者だけからの情報ではエンドユーザーの生の声が反映されないこともあるため、業界に影響力を持つエンドユーザーとの良好な関係構築を保持するよう提言しました。

お問い合わせ先
(独)中小企業基盤整備機構 関東本部経営支援部 マーケティング支援課
TEL:03-5470-1638

このページの先頭へ