本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2012年]

地元大学との産学連携による、地域資源(さつまいも)を活用した新商品の開発【あさ川製菓】

[食料・食品|茨城県]相談・アドバイスコーディネート(TLO等)なし

企業概要

水戸を代表する銘菓「水戸の梅」

水戸を代表する銘菓「水戸の梅」

あさ川製菓株式会社は、水戸の梅をはじめとする、名産、銘菓、和生菓子、洋生菓子を製造・販売する菓子製造会社です。同社は、平成12(2000)年に茨城県内の菓子工場としては初となる、「食品衛生優良施設」として厚生大臣賞(当時)を受賞するなど、最新のクリーンコントロール諸設備を完備しています。

それに加えて菓子の素材について同業者の中には、コスト面の都合により輸入素材に頼る会社も多いなか、同社は餡の材料となる小豆に始まり、素材は国産を使用し、仕込みの水は自社敷地内から汲み上げた地下水を利用するなど素材には強いこだわりを持っています。また、「安心で高品質のお菓子を消費者に届けたい」という強い信念により、合成保存料を一切使用せず菓子を製造しています。

茨城県は、農業産出額が全国第2位の農業大国です。同社ではさらに素材について追求を重ね、今後は単に国産というだけではなく、県内の豊富で多様な農作物を活用し、「地産地消」の面に徹底してこだわった商品の開発を行いたいと考えています。そのために地元大学との産学連携による体制の構築を図り、地域資源を活用した新商品の開発に着手しています。

職人による手作業での菓子作り職人による手作業での菓子作り 地産地消活動に積極的に取り組む、桐村社長地産地消活動に積極的に取り組む、桐村社長
企業名 あさ川製菓株式会社
代表者名 桐村 幸雄 従業員数 264名
資本金 7,000万円 売上高 14億円
住所 茨城県水戸市元石川町富士山325-19
電話番号 029-247-8080
主要製品 水戸の銘菓「水戸の梅」をはじめとする、名産、銘菓、和生菓子、洋生菓子

制度を利用するきっかけ

同社は、素材にこだわりを持ち、厳選した国産の素材を使用して、菓子の製造・販売を行っています。

そこで同社では、さらに素材について追求を重ね、地産地消にこだわった商品作りに着手したいと考えていました。この構想について、日ごろから事業活動を通じて交流のあった中小企業診断士に相談したところ、地域資源活用支援事業を紹介されました。

このため、同事業(地域資源を活用した新商品の開発)が将来的に地域資源活用支援事業に認定されることを目指して「いばらき産業大県創造基金助成事業」を活用し、事業計画を作成すると同時に新商品開発のための体制を構築することになりました。

支援内容

新商品開発のための体制構築にあたり、同社は20~40代をターゲットとした新たなブランド菓子の商品開発が1つの課題となっていました。このため、若い世代の声を反映させられる体制作りが必要だと考えました。さまざまな検討を重ねた結果、茨城県庁の食堂や、セブン-イレブンとのメニュー開発などで実績がある、地元水戸市にある常磐大学と連携することになりました。

なお、具体的には次の事項を実施しました。

1. 商品開発体制の構築

まず、同社内部でプロジェクトチームを作り、それぞれ担当を明確化しました。一方、大学側では論文審査を行い、商品開発に携わる学生を5人選考しました。この体制により、同社と常磐大学が月2回のペースで検討を重ね、産学連携による商品開発を行うことになりました。

2. 具体的な商品開発の方法

まず、商品開発にあたって商品開発の期間の明確化に加え、具体的にどのような作業が必要となるのかについて検討を重ねました。その結果、
 (1)ターゲットとする20~40代に対し、菓子に関する好みや購買意欲に関するアンケートの実施
 (2)菓子素材として活用できそうな地域資源の選定(現段階ではさつまいもを検討中)
 (3)風味や食感、見た目などについて意見交換や試作
 などを行うことになりました。

さらには上記に加え、各作業実施時期の確定、それぞれの作業分担の確認など、具体的な計画立案を行い、商品開発に向けた体制を固めました。

支援の結果と今後の展開

支援の結果、地域資源を活用した新商品開発に対し、具体的にプロジェクトを展開できる体制が整いました。

今後は、地域資源活用支援事業の認定に向け、事業計画書の作成を進めていきたいと思います。また同時に、本事業の具体的行動として、アンケートの実施、意見交換による試作品の製作などを行っていきます。

なお将来的には、さらなる地産地消の強化に向け、公設試験研究機関や地元農家などと連携を図りながら、茨城県内の農産物一次加工品開発推進にも貢献していきたいと考えています。

お問い合わせ先
一般社団法人 茨城県中小企業診断士協会
TEL:0299-56-4301

このページの先頭へ