本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2012年]

現場作業の効率向上と安全管理を目的とした補助器具等の製造と、直接販売を行う新規開拓事業【ファースト】

[建設・土木・不動産|宮崎県]専門家派遣なしなし

企業概要

本社:事業所

本社:事業所

有限会社ファーストは今回の事業で、工場、倉庫およびドラッグストア等の屋根等の高所における塗装や防水工事において、効率・安全性を確保するための補助装置「塗装缶の保持具」の開発を行いました。

この補助装置の開発にあたった理由は、現在、屋根等の高所作業においては、液体の入った容器(材質:P.P.P、金属缶等)の重量が、平均で20㎏を超えるものとなっており、落下事故の危険性もあるため、高所で安全に取り扱うには補助器具が必要と考えたためです。

この補助装置は、塗装・防水工事以外にも、衛生管理業者のワックス掛けの容器の補助や、食品製造業等における調味料等を保持する器具に応用できるものと考えています。

開発商品(試作機)

開発商品(試作機)

同社が開発した「塗装缶の保持具」は、一般的な流通を通さずに直接、もしくはネットを使って販売したいと思っています。

また、次なる目標としては、一般消費者向けの製品も開発し、ホームセンター等の流通部門への販売促進も行いながら、売上確保を行っていく計画となっています。

そして、塗装・防水工事分野の利幅が縮小する中、同社ではこの器具製造事業によって収益向上を図りたいと思っています。

企業名 有限会社ファースト
代表者名 代表取締役 濱砂 道敏 従業員数 5名
資本金 500万円 売上高 約6,000万円
住所 宮崎県西都市大字三宅801-1
電話番号 0983-42-5703
主要製品 事業用構築物・屋根等の塗装・防水工事業

制度を利用するきっかけ

今回、開発した補助装置は、病院、ドラッグストア、工場および食品スーパー等の屋根での高所作業における塗装や防水工事に際して、作業効率・安全性を確保する補助装置のため、世間的にはあまり知られていない製品です。そのため、販路開拓が難しいと思われるため、経営革新支援事業の認定が必要でした。つまり、販路開拓を優位にするために、公的な認定を得たいと考えていました。

その際に、西都商工会議所に相談したことがきっかけとなりました。

支援内容

開発中の補助装置「塗装缶の保持具」ですが、建物の屋根を塗装する際、通常は、当該屋根上に塗料缶を置いて作業をします。屋根の上端面は、水平面ではなく斜面であることが多く、斜面上に塗料缶を置くと不安定であり、塗料缶が転倒し、さらには落下する危険性があります。

また、塗料缶を片手で支えながら作業をすることも可能ですが、塗装作業の安全性に支障をきたす恐れがあるため、斜面の角度によらず塗料缶を水平に置く技術を検討してきました。その検討の際には、県の公共試験場でのテストを行ったうえで、製品のブラッシュアップを行うようにアドバイスしました。

なお、今回の研究開発に際し、実用新案の申請も行っているため、かなり新規性の高い事業と考えられますが、一度、先行事例の調査を行うようにアドバイスも行いました。

また、利益計画を作る必要もあったので、販売計画の基礎となる販売単価の設定について、今まで開発に要した投資を回収するため、同社にはコストは積み上げ方式が良いとのアドバイスも行いました。

これら一連の経営革新支援事業の認定取得について基本的な支援を行うとともに、あわせて資金調達の支援も行いました。

支援の結果と今後の展開

この結果、平成23年末に経営革新支援計画の認定を受けました。

その後、建設業基盤強化事業の補助金を受けて試作機(デモ機)を生産して、販路開拓を行っています。また、経営革新支援計画の認定を受けたことがきっかけになって、本業も順調に推移しています。

なお、一昨年発生した口蹄疫による工事発注件数の落ち込み等のマイナス要因はあったものの、固定客からの引き合いも増えてきており、今回の新事業の成果があらわれています。今後は、同業他社への普及を図っていく計画です。

お問い合わせ先
西都商工会議所
TEL:0983-43-2111

このページの先頭へ