本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2012年]

展示会への出展で新商品の販路拡大に取り組む【スパックエキスプレス】

[建設・土木・不動産|東京都]相談・アドバイスイベントなし

企業概要

新橋本店「カギの特急便」

新橋本店「カギの特急便」

スパックエキスプレスは、平成元(1989)年に創業し、防犯に関する総合的サービスプロバイダーとして事業を展開しています。同社は、年中無休・24時間体制で対応する鍵の開錠・交換から、電気錠、入退室管理システムや防犯カメラ等の総合防犯システムの提案・施工に至るまで、防犯に関する総合的な製品サービスを提供しています。さらに、地域の安心・安全に貢献するため、地域の催しや講演で防犯に関する啓蒙活動も積極的に行っています。

カギ業界は、参入障壁が低く競争の激しい業界です。鍵の交換・取替えでは、競合他社と同じ大手メーカーの商品を取り扱うことが多く、取扱商品による差別化が困難です。そこで三宅社長は、同社の持つ技術力やサービス以外にも他社と差別化する必要性を感じ、自社オリジナルブランドの複合生体認証システムQuickFaceを開発しました。

QuickFaceは、顔認証、指紋認証、暗証番号、ICカードによりユーザーを瞬時に認識し開錠するものです。複数の認証システムを搭載することで、顧客の使用する環境や用途に応じた認証を行うことができ、また複合的に認証システムを使うことで、セキュリティを強化します。従来の同等製品は高価格でしたが、QuickFaceは低価格での普及を目指しています。

このQuickFaceの販路開拓が、同社の当面の営業課題になっています。

代表取締役 三宅勇雄氏代表取締役 三宅勇雄氏 販路開拓を目指す新商品「QuickFace」販路開拓を目指す
新商品「QuickFace」
企業名 株式会社スパックエキスプレス
代表者名 代表取締役 三宅 勇雄 従業員数 16名
資本金 3,000万円 売上高 2億5,000万円
住所 東京都港区新橋4-26-7 佐山ビル6階
電話番号 03-5777-0109
主要製品 入退室管理・電気錠システムの設置
鍵の交換・開錠
セキュリティシステムの設計・施工

制度を利用するきっかけ

スパックエキスプレスは、チラシやインターネット広告を中心としたマーケティング手法を採っていました。しかし、広告費がかさむ一方で、どの程度売上に貢献しているのか費用対効果が見えにくいという課題がありました。

また、リピート客は多いものの、新規顧客の獲得も課題になっていました。そこで新たなマーケティング手法として、展示会への出展を検討しました。

支援内容

スパックエキスプレスは、販路開拓支援のほか、経営課題解決支援を利用しました。

1. 販路開拓支援
 同社は、首都圏の中小企業を対象とした「産業交流展2011」に、はじめて出展しました。
 出展にあたっては、港区が募集していた「産業交流展2011」への共同出展に応募しました。この港区の共同出展に参加することで、出展小間料の助成のほか、PRパンフレット作成費等の費用の補助を得ることができました。
 この交流展では、同社の製品サービスの中から防犯カメラなどの総合防犯システムを重点製品として定め、実際に触れて体験できるデモ機を展示したほか、交流展向けに作成した同製品サービスのチラシを来場者に配布しました。

2. 経営課題解決支援
 今後も助成制度を活用して展示会へ出展したいと考えた三宅社長は、東京都が行う経営課題解決支援を利用しました。この支援の利用が、東京都の展示会等出展支援助成事業へ応募する要件の1つになっているからです。
 そこで、展示会等出展支援を受けるため、東京商工会議所へ経営課題解決支援の申込みを行いました。事前に送付される中小企業経営力向上チェックシートに回答し、後日、専門家(中小企業診断士)による同社の経営状況や将来像についてのヒアリングが行われました。その結果に基づき、診断報告書が作成されました。
 三宅社長は、毎年経営計画書を作成するなど経営力の向上にこれまで努めてきましたが、専門家(中小企業診断士)から客観的な経営診断を受けることで、販路拡大のほかにも経営計画書の社内への浸透や、損益管理など経営上の課題がより明確になりました。

支援の結果と今後の展開

産業交流展2011に出展し、防犯システムの導入を考えていたマンション経営者などの新規顧客を開拓することができました。今後も継続して防犯・防災関連の展示会へ出展し、Quick Faceなど新商品の販路拡大や同社の認知度の向上を目指します。

また、明確となった経営課題に着手するべく、経営計画書の社内への一層の浸透や、損益管理の強化などに取り組んでいきます。

お問い合わせ先
港区産業・地域振興支援部 産業振興課
TEL:03-3578-2111

東京商工会議所
TEL:03-3283-7700

このページの先頭へ