本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2012年]

ブラシレスモーター、医療用遠心分離機、船舶用ワイパー等各種モーターの専門メーカー【東亜製作所】

[機械|東京都]専門家派遣なしなし

企業概要

株式会社東亜製作所は、昭和29(1954)年創業のブラシレスモーター、高周波モーター、医療用遠心分離機、船舶用ロータリーワイパー等各種モーターの専門メーカーです。

現在社長以下、従業員7名で営業しており、特殊モーター分野において高い評価を受けています。得意先は大手電機メーカーをはじめ、医療機器メーカーなど、大手企業がほとんどで長年培われた技術と、製品開発技術により各社ともに長い取引関係を続けています。

平成20年のリーマンショックにおいては、製造業は大きな売上の落ち込みとなりました。同社も同様に売り上げの落ち込みに見舞われましたが、生産工程の合理化や新製品開発による得意先への企画提案などを積極的に行い、その結果、それほど大きな落ち込みにはなりませんでした。

同社の特徴は製品設計、組み立て加工技術にあり、長年培われた職人技術によりお得意さまの要望に応えられるところにあります。創業57年と歴史のある会社ですが、今後の課題として工場の老朽化への対策、不要設備・不要在庫の整理、事業及び技術の承継があげられます。

ブラシレスモーターイメージ図ブラシレスモーター
イメージ図
医療用遠心分離機イメージ図医療用遠心分離機イメージ図
企業名 株式会社東亜製作所
代表者名 小林 暢弘 従業員数 7名
資本金 1,000万円 売上高 1億5,000万円
住所 東京都渋谷区恵比寿2-32-21
電話番号 03-3444-0681
主要製品 ブラシレスモーター、高周波モーター、医療用遠心分離機、ロータリーワイパー製造

制度を利用するきっかけ

株式会社東亜製作所は、以前より社団法人東京都工業団体連合会(工団連)傘下の三田工業会の会員となっています。工団連には「出前診断」という制度があり、同社はこの「出前診断」に申し込み、簡易診断を受けました。

この結果、事業承継、工場内の改善、収益性の向上等の課題が示され、これらへの対応を実施するため、東京商工会議所渋谷支部のエキスパート派遣事業に申し込み、派遣された専門家(中小企業診断士)が診断およびアドバイスを行いました。

支援内容

下記の内容について、診断およびアドバイスが行われました。

1. 収益性向上について
 収益性向上策としては、(1)売上単価の引き上げ、(2)限界利益率の向上、(3)一般管理費の引き下げがありますが、現在の市場から売上単価の引き上げ、一般管理費の引き下げには限界があり、前記(2)の限界利益率の向上策を中心にアドバイスを行いました。限界利益率向上のためには基準原価の策定が不可避であり、製品別、得意先別の原価計算方法について支援しました。また、ITによる各種管理方法を推進することによって、少量、多品種、多頻度、短納期、高品質、クレームの減少に対応できる体制づくりについてアドバイスを行いました。

2. 工場内の改善について
 同社は創業57年と歴史のある会社で老舗企業によくみられる、工場の老朽化、不要在庫・不要設備の存在、整理整頓の不備が見られました。これらを解決するために在庫管理手法、設備の最適化、5S手法を中心にアドバイスを行いました。

3. 事業承継について
 社長が創業者であり高齢となっているため事業承継および技術承継の手順、事業承継税制に関するアドバイスを行いました。

4. 売上増加策について
 売上増加策として主に新規得意先開拓方法、営業担当者教育、HPによる広報活動、各支援機関が実施しているマッチングシステムへの加入等についてアドバイスを行いました。

5. 中長期事業計画の作成
 最後にSWOT分析を行い、今後の中長期事業計画作成を支援しました。特に同社が持つ強みと、今後の市場を見通した機会からクロスSWOT分析を行い、戦略策定を行いました。

以上のアドバイスをもとに、具体的な行動計画を作成し、実行に移すことになりました。

支援の結果と今後の展開

支援の結果、同社の問題点が整理され、今後行うべき内容が明確となりました。中期事業計画を作成し、これを実現するための具体的行動計画の作成を行いました。

業界は極めて厳しい状況が続くと思われますが、同社の持つモーター製造技術をコアにした事業展開により、海外廉価品との差別化を明確にした戦略、すなわち「少量、多品種、多頻度、短納期、高品質」を実現することにより、海外廉価大量生産品に勝つことが可能になります。

お問い合わせ先
東京商工会議所
TEL:03-3283-7700

(社)東京都工業団体連合会
TEL:03-3546-2525

このページの先頭へ