本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2012年]

廃プラスチックを利用した大型工業製品の開発による事業拡大【リプラス】

[その他|千葉県]専門家派遣なしなし

企業概要

新製品開発に情熱を注ぐ箕輪社長

新製品開発に情熱を注ぐ箕輪社長

株式会社リプラスは、合成樹脂の加工・販売、廃プラスチックによるリサイクル製品の製造販売、プラスチック製品金型企画、中国での樹脂コンパウンディング、産業廃棄物処理運搬業の5事業を営み、業績は安定的に歩んできました。

しかし、環境変化の激しい時代であり、経営体質の強化とさらなる成長・発展を図るための新事業構築の必要性を考え、培ってきた経営資源の強みを活かすとともに社会貢献をも考慮し、廃プラスチック活用による「大型工業用品の新製品開発と新規顧客の拡大」を企業方針として掲げて、経営革新を進めてきました。

コンクリート、鋼材などを用いた土木資材・工業製品・大型成形品は、既存製品と同等の物理的強さをもちつつも、運搬・配置・組立・取扱いの容易さを求められる方向にあり、廃プラスチックで代替できる分野が多くあります。

しかし、市場では原材料の均一性、製品品質の安定性などの問題から、マテリアルリサイクルによる廃プラスチックを活用する製品への代替は進んでおらず、その技術開発に挑戦している企業は少ないのが現状です。

そこで同社では、コンクリートや鋼材等の既存材料を代替する廃プラスチックによる大型工業用製品の発泡・押出成型技術と個別製品冷却成形技術を確立し、軽量で高寸法精度成形品の製造を可能とする技術を開発しました。この結果、個別のニーズと要求品質に対応しての顧客との共同開発により、ケーブルクリート、ネカセ(根枷)、土木工事用防護板、ユニットハウス置台、線路スペーサー、矢盤木、圧延鋼板コイルストッパーなどを開発することができました。

(株)リプラス工場全容(株)リプラス工場全容 新製品生産設備新製品生産設備
企業名 株式会社リプラス
代表者名 箕輪 貴之 従業員数 41名
資本金 1,300万円 売上高 6億7,500万円
住所 千葉県袖ケ浦市椎の森385-21
電話番号 0438-60-1336
主要製品 廃プラスチックによる大型工業用品、公園・土木建築資材の製造・販売

制度を利用するきっかけ

新規事業構築方針に基づく新製品開発の技術確立と、大型工業用新製品による市場展開の目処がついた段階で、市原商工会議所に具体的な展開方法について相談しました。

その際「経営革新計画」制度があり、制度活用により設備資金借入やさまざまな経営支援を受けられるとのアドバイスを得ました。

さらに長期的視点で経営計画を策定して、事業展開することの重要性を考えるところとなり、経営革新計画策定の支援を得るため専門家派遣を依頼しました。

支援内容

1. 販売計画と中期事業計画の策定
 新製品開発と拡販方策の骨子を協議・検討し、3か年事業計画と経営革新の核となる実行計画の策定を支援しました。

2. 廃プラスチック製品品質管理のための工程管理体系の構築について協議・検討
 新製品開発における重要課題は、異なった組成・物性の原料を活用し、要求品質を満たすことができる体制を構築することにあります。原料調達とその管理、配合技術、製品評価技術、評価設備の調達、製造工程管理とトレーサビリティ体制について検討・支援しました。とくに品質管理体制は、すでに認証取得しているISO14001の管理サイクルの中に、ISO9001の規格要求事項を追加して、生産工程全体の品質管理を実行することとしています。

3. 新製品開発と販売促進活動策の協議・検討
 「顧客のニーズ、要求品質に確実に対応することが販売促進につながる」との考えで次のことを重点的に協議・検討しました。
a. 要求品質に対応するため顧客との新製品共同開発体制構築
b. 市場ニーズへの迅速対応を図るための品質管理・技術開発グループの強化
c. 潜在需要掘り起こしのための標準グレード製品の開発と販売促進技術資料の充実
d. 製品設計、配合技術、成形条件等の技術向上を図るための外部機関との提携を強化策

支援の結果と今後の展開

「経営革新計画」の承認を得たことにより、既存のお得意様からの信頼度も高まり受注活動も活発化しています。2011年8月期の売上は、経営革新計画を上回る実績を上げることができ、今後も販売活動が順調に進むものと見込まれます。さらに、資金調達も円滑に進み、設備投資も計画通り実行することができました。

また、経営革新計画という社員共有の目標ができ、社員の活力が向上しています。

今後も「新製品共同開発および品質管理体制」を企画・提案することにより、新規顧客開拓の推進力としていく考えでいます。

お問い合わせ先
市原商工会議所
TEL:0436-22-4305

このページの先頭へ