本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2012年]

伊豆諸島新島特産「島焼酎」の地域特性を訴求してパンフレットをリニューアル【宮原】

[食料・食品|東京都]相談・アドバイスその他なし

企業概要

バイタリティー溢れる宮原淳社長

バイタリティー溢れる宮原淳社長

株式会社宮原は、大正15(1926)年に清酒蔵の「新島酒造」として創業しました。終戦後には宮原酒造として独立し、焼酎づくりを始めました。当初は原料を安定して調達できなかったことから、米を原料として泡盛をつくったり、白糠、芋、粟などで焼酎をつくっていました。その後、昭和40年代より主に麦焼酎をつくるようになり、平成10年より米焼酎をつくりはじめ、平成15年より芋焼酎の製造を再開しました。平成20年には組織変更し、宮原酒造合名会社から株式会社宮原となりました。

通常、芋焼酎の発酵過程では米麹を使用しますが、伊豆諸島の酒蔵では伝統的に「麦麹」を使用することが一般的です。日本でも珍しい製法で焼酎づくりを行っており、麦麹を使うことで香りが香ばしいことが特徴です。

同社で製造している焼酎の種類は、麦2種類、芋2種類、米1種類となっています。麦焼酎は、全量国産大麦を使用した麦焼酎の「嶋自慢」、その嶋自慢の原酒をアメリカンオーク樽、シェリー樽で貯蔵熟成した「嶋自慢樫樽貯蔵」があります。芋焼酎は、「嶋自慢芋」という名称で、新島の地域資源であるあめりか芋で仕込んだものと、茨城県産有機栽培芋ベニマサリ芋で仕込んだものがあります。また、米焼酎は、宮城県栗原市産の減農薬特別栽培米ひとめぼれで仕込んだ「波の上の月」があります。

同社は、国産原料と常圧蒸留にこだわり、味わいがあり、ゆるゆると飲み続けられる飲み飽きない島酒であることを心がけています。現在の主力商品は麦ですが、今後は芋焼酎にも力を入れていきたいと考えています。

新島特産白いさつまいも「あめりか芋」新島特産白いさつまいも「あめりか芋」 同社の新しいパンフレット同社の新しいパンフレット
企業名 株式会社宮原
代表者名 宮原 淳 従業員数 13名
資本金 300万円 売上高
住所 東京都新島村本村1-1-5
電話番号 04992-5-0016
主要製品 嶋自慢(麦・芋)、波の上の月(米)などの焼酎製造および販売、燃料プロパンガス販売、ガソリンスタンド経営

制度を利用するきっかけ

同社は新島村商工会の会員であり、宮原社長は今後の事業展開について商工会の経営指導員に相談をしていました。その折、経営に関する相談があるなら中小企業支援ネットワーク強化事業のアドバイザー(NWA)の支援を受けてはどうかとアドバイスがあり、経営指導員を通じアドバイザーに相談を申し込みました。

そこでアドバイザーに相談したところ、経営について現状把握、改善点について明らかにしたいと考えているのなら、経営力向上TOKYOプロジェクトの企業診断の仕組みを利用してみてはどうかと勧められ、診断を受けることとしました。

支援内容

アドバイザーの勧めにより、経営力向上TOKYOプロジェクトの企業診断を受けました。診断の結果、同社の強みとして社長のチャレンジ精神の高さ、新島での同社のブランド力、地域社会からの信頼の高さが上げられました。機会としては、芋焼酎に使用している「あめりか芋」は、現在、地域の農業者、農業普及指導員、農協を中心に新島ブランドとしてブランド価値を高め、島外に積極的に訴求する活動を行っていることがあげられました。なお同社は、あめりか芋の買い上げを積極的に行っており、地域に貢献し、ともに繁栄できるよう活動しています。

課題としては、現在の売上高の構成比は島内販売が多くを占め、販売本数を増加し売上高を上げていくためには、積極的に島外に販売していく必要があるとのアドバイスを受け、そのために、東京都中小企業振興公社の展示会等出展支援助成事業を活用し、パンフレットをリニューアルしてはどうかという提案を受けました。

従来から販売促進に使用していたパンフレットは、スマートなデザインではありましたが、一目で新島の焼酎であるということが表現しきれておらず、訴求力が弱いものでした。そこで、展示会等出展支援助成事業では、製品カタログ等作成費用に関しては、20万円以内で3分の2の金額が助成され、自己負担が軽減されるということもあり、新しいパンレットの作成においては、新島の海と空を全面にアピールする内容に変更し、地域特性を活かしたものとすることにしました。

パンフレット作成が平成23年末までに終了したので、年明けからの物産展、展示会等の出展時の販売促進に間に合い、店頭では早速、パンフレットによる話題づくりができるようになり、成果を出しはじめています。

支援の結果と今後の展開

パンフレットのリニューアルにより、島外販売での訴求力が高まり、社内でも積極的に物産展、展示会などに出展していこうという気運が生まれています。同社の芋焼酎に使用している地域の特産物である「あめりか芋」とともに、新島ブランドとして、ブランド価値を高めていけるようさらなる品質、味わいの向上に努め、地域とともに成長していく方針です。

お問い合わせ先
東京都商工会連合会
TEL:042-500-1140

このページの先頭へ